ad BDNF Cmaj DHA EGCG EPA EXV FRAX FRAX骨折リスク評価ツール HDS-R IGF-1 MCBI MCI MCIスクリーニング検査 MCIテスト MMSE MMSEテスト MMSE検査 MRI NHKスペシャル NHKチョイス NHK健康ホームページ PET PET検査 UVカット α-リノレン酸 αリノレン酸 β-カロテン βカロテン あさイチ あしたも晴れ いわし うっかり うっかり予防 うつ病 うつ病性仮性認知症 えごま えごま油 がん きょうの健康 けん玉 けん玉 効果 この差って何ですか さば さんま ざくろ ざくろジュース その原因、Xにあり ためしてガッテン なす なすカレー みんなの家庭の医学 もの忘れ外来 アジ アセチルコリン アニマルセラピー アハ体験 アマニ油 アミノ酸 アミロイド アミロイドPET アミロイドβ アミロイドイメージング アミロイドベータ アルツハイマー アルツハイマー予防 アルツハイマー原因 アルツハイマー型 アルツハイマー型認知症 アルツハイマー病 アルツハイマー病, アルツハイマー痴呆 アロマ アロマの香り アロマオイル アロマテラピー アロマペンダント アンチエイジング アントシアニン アーモンド イチョウ イチョウ葉エキス イワシ インターバル速歩 インナーマッスル ウイルスベクター ウォーキング ウコン エイコサペンタエン酸 エキストラバージン エキストラバージンオリーブオイル エゴマ エゴマ油 エピカテキン エピガロカテキン オキシトシン オボエール オメガ3 オメガ3脂肪酸 オメガ脂肪酸 オリーブオイル オリーブ油 オレイン酸 オレオカンタール オレンジ オーガニックブレンドアロマ オーバーブッキング カテキン カフェ酸 カマンベール カマンベールチーズ カレー カレー粉 ガッテン クルクミン クロロゲン酸 グルコース グルタチオン グーパー運動 ケトン ケトン体 ゲーム ココア ココアフラボノイド ココナッツオイル ココナッツミルク ココナツオイル コリン コーヒー ゴルフ サイレントキラー高血圧 サバ サプリメント サルコペニア サンマ ザクロ ザクロジュース シナモン シンナムアルデヒド ジュウネン ジョブチューン スクリーニング検査 スクワット スクワット効果 スマヌ法 スロトレ スローステップ スロートレーニング セロトニン タウ タウ蛋白 タンパク質 ターメリック ダブルブッキング チェス チェックリスト チョイス チョイス@病気になったとき デルフィニジン ドコサヘキサエン酸 ナットウキナーゼ ニオイ ネプリライシン ハーブ健康本舗 バナナ パズル パーキンソン病 ビタミンC ビタミンD ビタミンE ビール ピロリ ピロリ菌 ピロリ菌と認知症 ピロリ菌感染 ピロリ菌検査 ピロリ菌除菌 ピーナッツ ピーナッツの薄皮 ファイトケミカル フェルラ酸 フラバノール フラボノイド フレイル ブドウ ブドウ糖 ヘリコバクター ヘリコバクター・ピロリ ホエイ ホエー ボケ ボケ予防 ボケ防止 ボードゲーム ポリフェノール マインドフルネス マインドフルネス瞑想 ミニメンタルステート検査 メモリークリニック ヨガ ヨーグルト ラベンダー ランセットニューロロジー リスク ルテイン レシチン レビー小体 レビー小体型認知症 レモン ロコモ ロコモティブシンドローム ローズマリー ワイン 一滴の血液 不飽和脂肪酸 世界ふしぎ発見 世界一受けたい授業 中鎖脂肪酸 主治医が見つかる診療所 久山町 久山町研究 乳清 乳清タンパク質 乳製品 亜麻仁油 仮性認知症 余暇活動 倉本昌弘 偏食 健康カプセル 健康カプセル!ゲンキの時間 健康カプセル!ゲンキの時間 健康ホームページ 健康寿命 健康寿命を延ばす 健康維持 健康診断 光岡知足 免疫力アップ 免責事項 動作性検査 動物 動物介在療法 動脈硬化 医食同源 十二指腸潰瘍 半導体イメージセンサー 危険な物忘れ 卵黄 口腔ケア 善玉菌 喫煙 嗅神経 嗅覚 噛む力 噛めない 団塊スタイル 囲碁 地中海式 地中海式食事 地中海料理 夏野菜 大豆 大豆製品 大豆食品 失禁 守口徹 寝たきり 寝不足 将棋 山本朋史 幻視 徘徊 心筋梗塞 必須アミノ酸 必須脂肪酸 悪玉菌 愛情ホルモン 感染症 手指 抗うつ 抗がん 抗酸化 抗酸化作用 抗酸化物質 握力 新型認知症 日光浴 昼寝 昼用/夜用ブレンドアロマ 有酸素運動 朝丘雪路 朝田隆 林修の今でしょ 林修の今でしょ!講座 林修の今でしょ講座 林修の今でしょ!講座 楽器の演奏 楽器演奏 歯みがき 歯を磨く 歯周病 歯周病菌 水晶体 活性酸素 浦上克哉 海藻 海馬 海馬の萎縮 海馬萎縮 深部体温 焼きバナナ 物忘れ 物忘れドック 物忘れ外来 玄米コーヒー 甘酒 生活習慣 生活習慣病 生活習慣病予防 畑の青魚 疲れない脳 癒やしホルモン 発酵食品 白内障 白澤卓二 白質病変 睡眠 睡眠不足 睡眠時間 睡眠負債 瞑想 知的活動 知能検査 社交ダンス 神経伝達物質 神経変性疾患 秋刀魚 空回り脳 突然死 第三のミルク 第二の脳 筋トレ 筋トレ効果 筋力 筋力トレーニング 筋肉 米国神経学会 米麹 精油 糖尿病 糖尿病予備群 納豆 緑茶 緑黄色野菜 老人斑 老衰 耳鳴り 聴力 肝機能障害 肥満 胃がん 胃潰瘍 脂溶性ビタミン 脳の活性化 脳の疲れ 脳の萎縮 脳を活性化 脳トレ 脳トレーニング 脳出血 脳力 脳年齢 脳梗塞 脳活性化 脳血管性 脳血管性認知症 脳血管障害 腎臓障害 腸内環境 臭い 若年性アルツハイマー 若年性アルツハイマー型認知症 若年性認知症 若返りアロマ 茄子 荏胡麻油 萎縮 萎縮性胃炎 蛋白 血栓予防 血液サラサラ 血液一滴 血管性認知症 血糖値 血糖値スパイク 補聴器 要介護 親ゆび刺激法 記憶力 記憶力向上 認知機能 認知症 認知症カフェ 認知症チェックリスト 認知症リスク 認知症予備軍 認知症予防 認知症予防法 認知症予防食事 認知症外来 認知症対策 認知症改善 認知症治療 認知症相談センター 認知療法 誤嚥性肺炎 豊橋技術科学大学 赤ワイン 趣味 軽度認知症 軽度認知障害 遊んで認知症対策 運動不足 酸化ストレス 長寿遺伝子 長谷川嘉哉 除菌 集中力 難聴 青魚 音楽療法 頭部打撲 食物繊維 駆け込みドクター 骨折 骨粗しょう症 骨粗鬆症 高カルシウム血症 高血圧 BDNF

MMSEテストで認知症を早期発見!

認知症は進行性の脳疾患なので、時間とともにどんどん悪化していきます。いかに早期発見、早期治療に臨めるかが重要と言われるのです。MMSE検査は認知症の疑いがある被験者のために開発された検査です。知人の約束を二重にしてしまうダブルブッキング(オーバーブッキング)。経験がある方は、一度「もの忘れ外来」を受診されることをお勧めします。MMSE検査とはアルツハイマー型認知症の疑いがあるかどうかの検査方法です。代表的な検査方法は「MMSE検査」と「長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」があります。MMSE検査は米国で1975年フォルスタインが開発した最も有名な知能検査と言われます。MMSE検査(ミニメンタルステート検査)は被験者に対し口頭による質問形式で行われます。 27~30点・・・正常範囲22~26点・・・軽度認知障害(MCI)の疑いがある21点以下・・・認知症などの認知障害の可能性が高いMMSE検査の特徴と問題点ベッドサイドテーブルにおいて短時間で実施できる有用な検査方法です。時間や場所の見当識、記憶力、計算力、言語的能力、図形的能力などを調べます。MMSE検査は動作性検査を含むため、大人に対して問う項目とは言い難いものが大半です。したがって、被験者からその辺の理解が得られるかどうかが重要なポイントになってきます。MMSE検査の質問内容(抜粋)今年は何年ですか。いまの季節は何ですか。今日は何曜日ですか。今日は何月何日ですか。 ここは、何県ですか。ここは何市ですか。ここは何病院ですか。ここは何階…

続きを読む

物忘れが心配なら“物忘れ外来”へ!

「最近、物忘れが多くなってきた」、心配になったら“物忘れ外来”を受診しましょう。NHK 団塊スタイル(2015年11月20日)では、物忘れドックについて放送されます。もの忘れと関係の深い“アルツハイマー型認知症”やレビー小体型認知症”も紹介されます。 年をとると増える「物忘れ」の原因は脳の萎縮と考えられます。最新研究で脳の萎縮が進んでも記憶力を衰えさせない方法が明らかになったようです。それは、物忘れストップ物質「BDNF(脳由来神経栄養因子)」を増やすことのようです。 物忘れの症状同じことを何度も言ったり、尋ねるようになった会話中にとっさに人の名前が出てこなくなる物をどこに置いたか忘れることが多くなったきのうの夕食に何を食べたか思い出せない財布などの大事な物を失くすようになった好きだった物事や趣味に興味を示さない以前より怒りっぽくなった多くの高齢者やその家族は、物忘れがみられても、すぐに病院を訪ねることはしないようです。なぜなら、もの忘れは、誰しもが経験する当たり前の行為と受け止められていると思います。しかし、こんな“物忘れの症状”があれば“物忘れ外来”にご相談することをお勧めします。 スポンサーリンク物忘れ外来とはどんな専門外来最近は精神科病院や診療所で、物忘れ外来を開設している所を多く見かけるようになりました。名称は「メモリークリニック」や「認知症外来」などを使っている診療施設もあります。物忘れ外来は、老化現象による物忘れか、病気なのかを診断して治療してくれる外来です。 認知症はいかに…

続きを読む

仮性認知症!早期発見が大切な新型認知症

仮性認知症は、最近、TVの健康番組で「新型認知症」として取り上げられ注目を浴びています。メモリークリニック院長で、東京医科歯科大学特任教授の朝田隆さんによると、仮性認知症は早期発見と治療で劇的に改善が望めますと話されています。 NHK番組「きょうの健康」では“うつ病を知ろう”と題して放送が予定されています。仮性認知症の症状仮性認知症の代表的な疾患は、うつ病が原因で発症するものと軽い意識障害です。意識障害は、精神安定剤やパーキンソン病の治療薬の副作用で起こることがあります。仮性認知症はよく「認知症」と誤診されますが、いずれの仮性認知症も治療で改善されます。うつ病性仮性認知症は、適切な対処をしないと、本当の認知症を起こすことが判明しました。つまり、認知症予備軍といえるので、正しい診断と早期発見がとても重要です。 スポンサーリンク 認知症はいかに早期発見、早期治療に臨めるかが重要です。認知症ケアに力を入れている医療機関では、様々な検査を行い病気を見逃さないよう注意を払っています。MMSEテストも認知症の疑いがある被験者のために開発された検査方法のひとつです。うつ病の治療うつ病は若い世代だけでなく高齢者にもよく見られ、認知症と誤診されやすい病気の一つです。神経細胞を働かせるための化学物質が脳の中に不足した状態と言えます。したがって、うつ病の治療は不足している化学物質を薬で補えばよいことになります。うつ病は薬によく反応する病気ですので、早期発見と早期治療がとても大切なのです。うつ病のお世話の原則は…

続きを読む

新型認知症!レビー小体型認知症とは

TV番組「みんなの家庭の医学」では、“新型認知症”について放送されます。現在、65歳以上の7人に1人が発症していると言われる認知症。 今までの認知症とは全く違う新しいタイプの認知症があることが最近わかってきたのです。それは、「うつ病性仮性認知症」で、高齢者うつ病から認知症のような物忘れ症状などを発症する病です。早期に気がついて治療すれば劇的に症状を回復させることが可能なのです。 新型認知症には第2のアルツハイマー型認知症といわれるレビー小体型認知症もあります。高齢認知症患者の5人に1人がこのタイプと考えられています。以前、ためしてガッテンの「新型認知症の見分け方」で紹介されていました。レビー小体型認知症の症状いないのに虫がいると訴えて手で払いのける誰もいない壁に向かって話しかける空中に手を伸ばす症状が急に現れては消えるパーキンソン病に似た症状筋肉がこわばって動きが遅くなる転びやすくなるレビー小体型認知症の原因レビー小体という特殊たんぱく質によって神経伝達が障害されるために起こります。レビー小体型認知症は、レビー小体が脳の大脳皮質や、脳幹にたくさん集まってしまいます。たくさん集まっている所は、神経細胞が壊れて減少しているため認知症の症状が起こります。 レビー小体型認知症の治療本人が「幻視」があることに気づくのは難しいため、周囲の人が兆候を見つけることが重要。周囲の人が異変に早く気づき治療できれば、劇的に症状を回復させることが可能なのです。病に気づかず放っておくとやがて従来の認知症に変わり、治療…

続きを読む

認知症予防のためのアミロイドPET検査とは

近年、アルツハイマー病を早期に発見する新しい検査方法が注目を集めているようです。 アルツハイマー病の検査方法PET(陽電子放出断層撮影)を使った「アミロイドイメージング」という新しい方法です。アミロイドとはアルツハイマー病の原因と考えられている物質といわれています。このアミロイドβタンパク質は、認知症が現れる約20年前から脳にたまり始めていることが知られています。 そのため、若い人でもアミロイドβは確認される可能性が有ります。 認知症の前段階ともいえる「軽度認知障害(MCI)」の段階で発見できるようです。今後、アミロイドPET検査はアルツハイマー型認知症(AD)の早期発見に世界的に研究が進められています。 認知症はいかに早期発見、早期治療に臨めるかが重要です。認知症ケアに力を入れている医療機関では、様々な検査を行い病気を見逃さないよう注意を払っています。MMSEテストも認知症の疑いがある被験者のために開発された検査方法のひとつです。 スポンサーリンクアルツハイマー予防の関連情報アルツハイマーは食べ物で予防できますカロテノイドで特にルテインを含む食材にアルツハイマー予防に効果があると言われます。ルテインを含む食材には、ほうれん草、トウモロコシ、グリンピース、ブロッコリーなどがあり、その中で特に「ほうれん草」がオススメです。

続きを読む

「もの忘れ外来」受診から認知症を早期発見!

認知症とは脳がダメージを受けて記憶力や判断力が低下することで、「日常生活に支障が出た状態」なのです。 認知症の約7割がアルツハイマー病です。 その原因は高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が関係すると言われています。普段から高血圧気味の人は、脳血管性認知症に注意してください。 一度発症してしまうと、元の状態に戻すことは現時点では難しい。 そのため、早期発見と予防が非常に大切です。 以前は簡単にできたことが出来なくなったら、早めに受診するこたとが大切ですね。 早期発見のための受診は、神経内科、精神科、脳神経外科になります。ただ、あらゆる症状に対応してくれるとは限りません。 一番分かりやすいのは 「物忘れ外来」と表示のある病院がオススメ。 認知症はいかに早期発見、早期治療に臨めるかが重要です。認知症ケアに力を入れている医療機関では、様々な検査を行い病気を見逃さないよう注意を払っています。MMSEテストも認知症の疑いがある被験者のために開発された検査方法のひとつです。 ★ 週刊誌記者の山本朋史さん(63)は、2年ほど前から物忘れが増えたので、「もの忘れ外来」の受診に踏み切ったそうです。その結果、「軽度認知障害(MCI)」という認知症の"予備群"と判明したようです。 【関連情報】 NHK認知症キャンペーン特番4月27日(月)午後10:00~これが認知症を防ぐチョイスだ!認知症の予備群・MCI(軽度認知障害)の段階で発見して対処できれば、認知症に進行するのを防ぐことが可能。実…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク