ad BDNF Cmaj DHA EGCG EPA EXV FRAX FRAX骨折リスク評価ツール HDS-R IGF-1 MCBI MCI MCIスクリーニング検査 MCIテスト MMSE MMSEテスト MMSE検査 MRI NHKスペシャル NHKチョイス NHK健康ホームページ PET PET検査 UVカット α-リノレン酸 αリノレン酸 β-カロテン βカロテン あさイチ あしたも晴れ いわし うっかり うっかり予防 うつ病 うつ病性仮性認知症 えごま えごま油 がん きょうの健康 けん玉 けん玉 効果 この差って何ですか さば さんま ざくろ ざくろジュース その原因、Xにあり ためしてガッテン なす なすカレー みんなの家庭の医学 もの忘れ外来 アジ アセチルコリン アニマルセラピー アハ体験 アマニ油 アミノ酸 アミロイド アミロイドPET アミロイドβ アミロイドイメージング アミロイドベータ アルツハイマー アルツハイマー予防 アルツハイマー原因 アルツハイマー型 アルツハイマー型認知症 アルツハイマー病 アルツハイマー病, アルツハイマー痴呆 アロマ アロマの香り アロマオイル アロマテラピー アロマペンダント アンチエイジング アントシアニン アーモンド イチョウ イチョウ葉エキス イワシ インターバル速歩 インナーマッスル ウイルスベクター ウォーキング ウコン エイコサペンタエン酸 エキストラバージン エキストラバージンオリーブオイル エゴマ エゴマ油 エピカテキン エピガロカテキン オキシトシン オボエール オメガ3 オメガ3脂肪酸 オメガ脂肪酸 オリーブオイル オリーブ油 オレイン酸 オレオカンタール オレンジ オーガニックブレンドアロマ オーバーブッキング カテキン カフェ酸 カマンベール カマンベールチーズ カレー カレー粉 ガッテン クルクミン クロロゲン酸 グルコース グルタチオン グーパー運動 ケトン ケトン体 ゲーム ココア ココアフラボノイド ココナッツオイル ココナッツミルク ココナツオイル コリン コーヒー ゴルフ サイレントキラー高血圧 サバ サプリメント サルコペニア サンマ ザクロ ザクロジュース シナモン シンナムアルデヒド ジュウネン ジョブチューン スクリーニング検査 スクワット スクワット効果 スマヌ法 スロトレ スローステップ スロートレーニング セロトニン タウ タウ蛋白 タンパク質 ターメリック ダブルブッキング チェス チェックリスト チョイス チョイス@病気になったとき デルフィニジン ドコサヘキサエン酸 ナットウキナーゼ ニオイ ネプリライシン ハーブ健康本舗 バナナ パズル パーキンソン病 ビタミンC ビタミンD ビタミンE ビール ピロリ ピロリ菌 ピロリ菌と認知症 ピロリ菌感染 ピロリ菌検査 ピロリ菌除菌 ピーナッツ ピーナッツの薄皮 ファイトケミカル フェルラ酸 フラバノール フラボノイド フレイル ブドウ ブドウ糖 ヘリコバクター ヘリコバクター・ピロリ ホエイ ホエー ボケ ボケ予防 ボケ防止 ボードゲーム ポリフェノール マインドフルネス マインドフルネス瞑想 ミニメンタルステート検査 メモリークリニック ヨガ ヨーグルト ラベンダー ランセットニューロロジー リスク ルテイン レシチン レビー小体 レビー小体型認知症 レモン ロコモ ロコモティブシンドローム ローズマリー ワイン 一滴の血液 不飽和脂肪酸 世界ふしぎ発見 世界一受けたい授業 中鎖脂肪酸 主治医が見つかる診療所 久山町 久山町研究 乳清 乳清タンパク質 乳製品 亜麻仁油 仮性認知症 余暇活動 倉本昌弘 偏食 健康カプセル 健康カプセル!ゲンキの時間 健康カプセル!ゲンキの時間 健康ホームページ 健康寿命 健康寿命を延ばす 健康維持 健康診断 光岡知足 免疫力アップ 免責事項 動作性検査 動物 動物介在療法 動脈硬化 医食同源 十二指腸潰瘍 半導体イメージセンサー 危険な物忘れ 卵黄 口腔ケア 善玉菌 喫煙 嗅神経 嗅覚 噛む力 噛めない 団塊スタイル 囲碁 地中海式 地中海式食事 地中海料理 夏野菜 大豆 大豆製品 大豆食品 失禁 守口徹 寝たきり 寝不足 将棋 山本朋史 幻視 徘徊 心筋梗塞 必須アミノ酸 必須脂肪酸 悪玉菌 愛情ホルモン 感染症 手指 抗うつ 抗がん 抗酸化 抗酸化作用 抗酸化物質 握力 新型認知症 日光浴 昼寝 昼用/夜用ブレンドアロマ 有酸素運動 朝丘雪路 朝田隆 林修の今でしょ 林修の今でしょ!講座 林修の今でしょ講座 林修の今でしょ!講座 楽器の演奏 楽器演奏 歯みがき 歯を磨く 歯周病 歯周病菌 水晶体 活性酸素 浦上克哉 海藻 海馬 海馬の萎縮 海馬萎縮 深部体温 焼きバナナ 物忘れ 物忘れドック 物忘れ外来 玄米コーヒー 甘酒 生活習慣 生活習慣病 生活習慣病予防 畑の青魚 疲れない脳 癒やしホルモン 発酵食品 白内障 白澤卓二 白質病変 睡眠 睡眠不足 睡眠時間 睡眠負債 瞑想 知的活動 知能検査 社交ダンス 神経伝達物質 神経変性疾患 秋刀魚 空回り脳 突然死 第三のミルク 第二の脳 筋トレ 筋トレ効果 筋力 筋力トレーニング 筋肉 米国神経学会 米麹 精油 糖尿病 糖尿病予備群 納豆 緑茶 緑黄色野菜 老人斑 老衰 耳鳴り 聴力 肝機能障害 肥満 胃がん 胃潰瘍 脂溶性ビタミン 脳の活性化 脳の疲れ 脳の萎縮 脳を活性化 脳トレ 脳トレーニング 脳出血 脳力 脳年齢 脳梗塞 脳活性化 脳血管性 脳血管性認知症 脳血管障害 腎臓障害 腸内環境 臭い 若年性アルツハイマー 若年性アルツハイマー型認知症 若年性認知症 若返りアロマ 茄子 荏胡麻油 萎縮 萎縮性胃炎 蛋白 血栓予防 血液サラサラ 血液一滴 血管性認知症 血糖値 血糖値スパイク 補聴器 要介護 親ゆび刺激法 記憶力 記憶力向上 認知機能 認知症 認知症カフェ 認知症チェックリスト 認知症リスク 認知症予備軍 認知症予防 認知症予防法 認知症予防食事 認知症外来 認知症対策 認知症改善 認知症治療 認知症相談センター 認知療法 誤嚥性肺炎 豊橋技術科学大学 赤ワイン 趣味 軽度認知症 軽度認知障害 遊んで認知症対策 運動不足 酸化ストレス 長寿遺伝子 長谷川嘉哉 除菌 集中力 難聴 青魚 音楽療法 頭部打撲 食物繊維 駆け込みドクター 骨折 骨粗しょう症 骨粗鬆症 高カルシウム血症 高血圧 BDNF

サンマに驚愕のボケ予防や動脈硬化予防

秋に旬を迎えるサンマ、10月~11月頃に獲れるサンマは脂がのって美味しいとか。今年は漁獲が少ないので、食卓にのぼることが少ないかもしれません。 サンマやイワシ、サバなどの「青魚」には、EPA、DHAが豊富です。血栓予防や動脈硬化の予防効果はよく知られています。近年、EPA、DHAは、ほかにも素晴らしいパワーのあることがわかりました。 サンマに驚愕の効能EPAやDHAにはボケ予防やアルツハイマー予防に効果が期待できるとのこと。それを見つけたのが、自治医科大学大宮医療センター神経内科の植木彰教授です。アルツハイマー病は一度発症すると食事での回復は、今は難しいとされています。そのため、アルツハイマー病にならないように食事を改善することが大切です。1日80gの青魚、最低2回の緑黄色野菜をとることが大切であると指摘しています。 スポンサーリンク 関連情報秋の味覚は秋刀魚が栄養抜群!免疫力を正常に働かせるためには、タンパク質は欠かせません。秋刀魚(さんま)は良質なタンパク質を含有しています。また、豊富に含まれるビタミンAが皮膚や粘膜を丈夫にします。

続きを読む

人の名前が思い出せない!!心配なし?

最近、「人の名前が思い出せない」ことはありませんか?このような物忘れは単なる加齢のせいなのか、それとも認知症の始まりなのでしょうか。 医師によると、加齢による物忘れと認知症の物忘れは、種類が違うと説明しています。 「人の名前が思い出せない」は心配しなくていいようです。 それは“オメガ脂肪酸”と呼ばれる栄養の不足が原因かもしれません。思い出すことや考えることにはエネルギーを消費します。そのためにも補いたい栄養で、健康に欠かせない必須脂肪酸です。 しかし、必須脂肪酸は年齢とともに体内で作られにくくなります。そのため、肉や青魚、卵に多く含まれるので、十分に摂る必要があるようです。 スポンサーリンク オメガ3脂肪酸は、α-リノレン酸や、DHA、EPAなどがよく知られています。毎日意識してバランスよく摂るように工夫したいですね。 >>あれ?うっかり…が増えてきた方に朗報です!考えるチカラをサポート!おめがさん

続きを読む

認知症予防にも医食同源の考え方あり!

昔から“医食同源”といわれるように、病気予防に最も大切なのが日頃の食事です。九州大学の研究によると、認知症には生活習慣が影響するとみています。 糖尿病や高血圧といった生活習慣病が、認知症のリスクを高めるとのこと。一方、大豆や魚、野菜などを中心とした食事で、発症の確率が下がるとされています。 ■食生活の改善で認知症予防野菜や果物に多く含まれるビタミンCやEは抗酸化物質と呼ばれ、脳血管の老化を防ぎます。青魚やエゴマ油などの不飽和脂肪酸は、認知症予防に効果があると言われています。EPAやDHAの不飽和脂肪酸は、動脈硬化を予防する効果がよく知られています。 また、歯科医学会でも、健康な歯と認知症の関係が注目されています。良く噛むことは、認知症予防にも効果的なのです。食べ物を噛むことは脳を刺激し、記憶や思考をつかさどる部位の活性化につながります。 ■関連情報 スポンサーリンク

続きを読む

近年、認知症予防に効果的な食材が判明!

近年の研究で、認知症を予防できる可能性のある食材が判明したと言われています。認知症は、今や生活習慣病ではないかと言われるまでになってきました。認知症予防は、生活習慣病の予防と共通する面も少なくありません。 認知症予防に効果のある食材とは■青魚(イワシ、サバ、サンマ、アジなど) 青魚には認知症予防に効果が高いと、よくいわれるDHA・EPAが多く含まれています。週2回青魚を食べる人は、月に1回以下しか食べない人と比べて、認知症の発症は28%減少し、アルツハイマーは41%減少すると報告されています。(アメリカの大学が行った調査) ■緑黄色野菜 緑黄色野菜にはβ-カロテンやファイトケミカルなど抗酸化物質が豊富に含まれています。加齢とともに体は酸化していき老化の原因になります。その体の酸化を少しでも緩和させる効果があるのが抗酸化物質なのです。抗酸化作用が、認知症を予防し、もの忘れを防ぐと言われています。 ■大豆食品(みそ、しょうゆ、納豆など) 大豆製品には記憶力を強化する「レシチン」という成分が多く含まれています。レシチンには血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがありまするとされています。60代~70代で野菜と大豆製品を多く食べた人は認知症リスクが3割減ったデータがあります。(九州大学大学院医学研究院 精神病態医学の久山町研究より)納豆に含まれるナットウキナーゼが血栓を溶かし、血液サラサラにする作用があります。 ■乳製品(牛乳、ヨーグルトなど) ■海藻類(わかめ、海苔など) ス…

続きを読む

青魚がアルツハイマー予防に効果!

2020年には、日本では80歳代以上の約1割が認知症になると予測されています。その約7割がアルツハイマー病と推定されていますが、その発症原因は、まだ研究途中なのです。 しかし、アルツハイマー型認知症は予防が可能な病気です。 疫学調査の結果、アルツハイマー病に食習慣が深く関係していることが明らかになりました。近年、少しづつわかってきている認知症の予防法を実践して、健康寿命を延ばしたいですね。 スポンサーリンク アルツハイマー予防に効果的な青魚認知症を予防するには、体内の活性酸素を減らして脳の老化を防ぐことが有効なのです。それには、抗酸化作用のある成分が豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。 また、脂質のなかでも不飽和脂肪酸が認知機能に良いことが知られるようになってきました。不飽和脂肪酸には、手軽に食べられる“青魚”がアルツハイマー予防におすすめです。イワシやサバ、サンマなどの青魚には、不飽和脂肪酸のDHAとEPAが多く含まれています。 DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)はオメガ3が豊富なのです。オメガ3脂肪酸は、脳機能の発達や維持に重要な役割を果たしていることが分かって来ました。アルツハイマー予防に効果的な食生活を続けていけば発症のリスクは軽減されます。 アルツハイマー関連情報【やわたのDHA&EPA】 年齢とともに気になる「うっかり」に青魚のサラサラ成分のDHA&EPA!やわたのDHAは良質なカツオから抽出された高濃度な国産DHAです。

続きを読む

アルツハイマー病に罹りやすい人とは?

アルツハイマー病などの認知症予防はできるのでしょうか。最近の調査によって、特定の生活習慣が認知症を起こしやすいことが明らかにされています。 アルツハイマー病(AD)になった人たちと、ならなかった人たちの生活習慣を、それぞれ過去にさかのぼって比較した研究です。 アルツハイマー病の人に多い発病前の特徴自分の歯が半分以上ない人は認知症になる確率が1.9倍新聞や本をあまり読まないなど頭を使わない生活電車やバスでの外出が比較的少ない友人との交際をしようとしない退職後に何も興味を持ってやりたいことがない中年期に高血圧や高コレステロール血症がある魚や緑色野菜が嫌いで、肉は好きである意識を失うほどの頭部打撲を経験している アルツハイマー病の予防法若い時から社会活動に積極的にかかわり、幅広い人間関係をもつよう心がけること自分が好ましいと感じながら生活できるようなストレスが少ない環境週1回は魚介類(DHA等)を食べている方はアルツハイマー発症率が30%低かった動脈硬化などの生活習慣病を予防する方法と同じところが多い赤ワインに含まれるポリフェノールやアントシアニンが効果的中年期に15分以上の軽い運動を週3回以上している人は発症率は60%低かったアルツハイマー病の関連情報TVで話題の「知的ケア」高純度「プラズマローゲン」サプリメント TBSテレビ「夢の扉+」(2/8(日)18:30~放送)で、プラズマローゲンが取り上げられ、大反響をいただきました。TVに出演していた先生の特許を元に開発したものです。 スポンサ…

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク