マインドフルネス瞑想が認知症に効く!?

ちゃんと寝ているはずなのに疲れが取れなかったりすることありませんか?仕事中にぼーっとして違うことを考えていたりしていませんか?実はこれらの原因は“脳の疲れ”にあると言われています。TV番組の健康カプセル!ゲンキの時間では「疲れない脳」の作り方を大公開していました。脳の疲れをリセットして、集中力や記憶力を高める脳トレーニングが今注目されています。それが新世代の脳トレーニング「マインドフルネス」なのです。 ■マインドフルネスの効果集中力や記憶力を高め、創造性や幸福感、健康、リラックス感が高まる可能性があります。欧米では、すでにその効果について、多くの実証的研究報告があります。ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されています。 ■マインドフルネス認知療法マインドフルネス瞑想はストレス管理に役立つメンタルトレーニングとして米国で普及。新たな研究で15分の瞑想が認知症を予防し、改善する可能性を示した研究が発表されました。 ■関連情報 スポンサーリンク

続きを読む

認知症予防には脳が若返る脳トレ!

40代でも脳の神経細胞は減少しますが、脳には使いきれていない細胞が山ほど眠っています。それを刺激し活性化させれば、80歳になっても脳は成長すると言われています。 NHK 団塊スタイル「脳は若返る!実践 脳力テスト」と題して放送されていました。脳を成長させるポイントは、新しいこと、苦手だった分野に挑戦することだそうです。番組では、視聴者も一緒にできる「脳年齢」測定テストを実施していました。 普段から高血圧気味の人は、脳血管性認知症に注意してください。みんなの家庭の医学では、普段から高血圧気味の人は、脳血管性認知症に注意してください。 スポンサーリンク認知症予防のための脳トレ40代でも自覚がないだけで、脳は少しずつ委縮していっています。例えば、名前が出てこないなどの物忘れは、40代でもあるのではないでしょうか。 ■新しいことにチャレンジ これまでやった事がないものにチャレンジすることはとても良い“脳トレ”になります。日曜大工では、作った経験がない物に挑戦することが良いでしょう。英会話やパソコン、絵を描いたり俳句を詠んだりすることも脳トレになります。 ■囲碁・将棋・オセロ・麻雀・パズル 相手の手を読んだりするゲームは脳が大いに刺激されます。そして、このようなゲームは楽しく行うという事が、脳の活性化になります。トロント大学で行われた研究で、認知症予防にはパズルが効果ありとされました。

続きを読む

赤ワインがアルツハイマー予防に有効?

赤ワインがアルツハイマー病の予防に効果的と言われています。様々な疫学研究や動物実験などが認知症予防に有効との結果を示しています。 赤ワインに含まれるポリフェノールブドウの種を歯でかむと苦味がしますが、これがポリフェノールの味です。ポリフェノールはブドウの皮や種にたくさん含まれています。特に赤ワインは皮も一緒に発酵させるので、ポリフェノールは白ワインより多量に含まれます。 ポリフェノールの効果赤ワインに含まれているポリフェノールが抗酸化物質となって活性酸素を抑えてくれます。ポリフェノールの抗酸化作用が、脳細胞の損傷を守ってくれます。つまり、活性酸素を抑えることで認知症予防となるのです。アルツハイマー病は、アミロイドβタンパク質が脳内に蓄積することで発症します。赤ワインの抗酸化物質は、アミロイドβが蓄積するのを阻止してくれる働きをしてくれます。 赤ワインの適量はアルツハイマー型認知症の予防に赤ワインを飲む場合、1日コップ1~2杯が適量です。毎日大量に飲んでいると認知症になるリスクが高まることも確認されています。薬も飲みすぎては毒薬になってしまいますので、アルコールの大量摂取は逆効果ですね。また、ビール1日1本飲む人は、アルツハイマー型認知症の発症リスクが1/2になると言われています。 スポンサーリンク

続きを読む

近年、認知症予防に効果的な食材が判明!

近年の研究で、認知症を予防できる可能性のある食材が判明したと言われています。認知症は、今や生活習慣病ではないかと言われるまでになってきました。認知症予防は、生活習慣病の予防と共通する面も少なくありません。 認知症予防に効果のある食材とは■青魚(イワシ、サバ、サンマ、アジなど) 青魚には認知症予防に効果が高いと、よくいわれるDHA・EPAが多く含まれています。週2回青魚を食べる人は、月に1回以下しか食べない人と比べて、認知症の発症は28%減少し、アルツハイマーは41%減少すると報告されています。(アメリカの大学が行った調査) ■緑黄色野菜 緑黄色野菜にはβ-カロテンやファイトケミカルなど抗酸化物質が豊富に含まれています。加齢とともに体は酸化していき老化の原因になります。その体の酸化を少しでも緩和させる効果があるのが抗酸化物質なのです。抗酸化作用が、認知症を予防し、もの忘れを防ぐと言われています。 ■大豆食品(みそ、しょうゆ、納豆など) 大豆製品には記憶力を強化する「レシチン」という成分が多く含まれています。レシチンには血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがありまするとされています。60代~70代で野菜と大豆製品を多く食べた人は認知症リスクが3割減ったデータがあります。(九州大学大学院医学研究院 精神病態医学の久山町研究より)納豆に含まれるナットウキナーゼが血栓を溶かし、血液サラサラにする作用があります。 ■乳製品(牛乳、ヨーグルトなど) ■海藻類(わかめ、海苔など) ス…

続きを読む

指を動かすことで認知症を予防する!

手や指は「第二の脳」と呼ばれ、昔から「指をよく動かす人はボケにくい」と言われます。全国から大反響の「親ゆび刺激法」がついに1冊の本になりました。長谷川嘉哉 (著)「親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!」です。認知症予防の第一人者が“ずっと元気な脳"をつくるすごい方法を開発されました。 手は第二の脳といわれる訳とは?手や指の神経と大脳は密接につながっています。頭痛、腹痛のとき無意識に患部に手を当てますが、手が脳へ送るサインとみることができます。手や指を動かすことによって、大脳を刺激すると同時に、新鮮な血液を供給する事ができます。末梢神経が多く通っている指先を動かせば、脳への血流がよくなります。実際に手や指を動かした後、脳の血流量を測定したデータがあります。それによれば、10%以上も血流がよくなったという結果が出ているようです。 関連情報 スポンサーリンク

続きを読む

スポンサーリンク