認知症になりやすい人!どんな特徴?

認知症になりやすい人は、どんな特徴があるのでしょうか?認知症を患っている人は、2015年の推計値では520万人とされています。予備軍の軽度認知障害(MCI)も400万人いると推計されているようです。国民の約10人に1人が患っているといわれています。早期発見で軽い内に対処していけば、健康寿命を延ばすことができます。 認知症の危険因子認知症になりやすさについては、未解明な部分が多いというのが専門家…

続きを読む

難聴・耳鳴りは認知症を発症しやすい!

認知症を予防する上で大切なことは、人との関わり合いだと言われています。積極的にコミュニケーションをとることで、脳への刺激を増やします。それにより認知能力の低下を防ぐことが可能となります。しかし、加齢による聴力の低下で、会話することが面倒くさくなります。 難聴が認知症やアルツハイマーの発症と関係があることを示す複数の研究があります。 また、耳鳴りは、難聴の可能性もあるようなので、耳鼻咽喉科の受…

続きを読む

強い抗酸化作用でアルツハイマーを予防

ビタミンEは、強い抗酸化作用のあるビタミンとして昔から知られています。そのビタミンEが、認知症や生活習慣病の予防効果が期待されています。 実際にアメリカで行われた研究では、ビタミンEとビタミンCを一緒に摂取し続けることでアルツハイマー型認知症になりにくくなるという疫学調査の結果をまとめています。この調査は、ユタ州に住む65歳以上の4740人を対象に行われました。 ビタミンEの健康効果体内では…

続きを読む

認知症予防にも医食同源の考え方あり!

昔から“医食同源”といわれるように、病気予防に最も大切なのが日頃の食事です。九州大学の研究によると、認知症には生活習慣が影響するとみています。 糖尿病や高血圧といった生活習慣病が、認知症のリスクを高めるとのこと。一方、大豆や魚、野菜などを中心とした食事で、発症の確率が下がるとされています。 ■食生活の改善で認知症予防野菜や果物に多く含まれるビタミンCやEは抗酸化物質と呼ばれ、脳血管の老化を防…

続きを読む

スポンサーリンク