名医がすすめる認知症予防に夏野菜のなす

認知症予防のおすすめ夏野菜の“茄子(なす)”が紹介されました。TV番組「その原因、Xにあり!」で、認知症の原因となる脳のゴミ掃除をするという。 認知症予防におすすめの夏野菜朝田先生は、「なすに含まれる“デルフィニジン”が原因物質を抑制する」という。なすの実と皮の間に多く含まれるデルフィニジンという成分はポリフェノールの一種。茄子(なす)は、認知症の発症率が世界で一番少ない国インドで生まれた夏野菜。 認知症を予防する「なす」の食べ方なすの効果的な食べ方は、油で炒め、ターメリックを合わせることがおすすめという。市販のカレールーにもターメリックが含まれているものが多くあります。そのため、なすを素揚げにして、「なすカレー」にするのがおすすめという。デルフィニジンは、油に溶けやすい成分で、炒めたり揚げたりすると吸収率がアップ。また、ターメリックに含まれるクルクミンは、認知症の原因物質を抑制するとのこと。 関連情報 レシチンのパワー!卵黄コリン 卵黄コリンとビタミンB12の組み合わせではつらつとした毎日を!注目の成分をたっぷりと配合した、おすすめのサプリメントです。 スポンサーリンク

続きを読む

人の名前が思い出せない!!心配なし?

最近、「人の名前が思い出せない」ことはありませんか?このような物忘れは単なる加齢のせいなのか、それとも認知症の始まりなのでしょうか。 医師によると、加齢による物忘れと認知症の物忘れは、種類が違うと説明しています。 「人の名前が思い出せない」は心配しなくていいようです。 それは“オメガ脂肪酸”と呼ばれる栄養の不足が原因かもしれません。思い出すことや考えることにはエネルギーを消費します。そのためにも補いたい栄養で、健康に欠かせない必須脂肪酸です。 しかし、必須脂肪酸は年齢とともに体内で作られにくくなります。そのため、肉や青魚、卵に多く含まれるので、十分に摂る必要があるようです。 スポンサーリンク オメガ3脂肪酸は、α-リノレン酸や、DHA、EPAなどがよく知られています。毎日意識してバランスよく摂るように工夫したいですね。 >>あれ?うっかり…が増えてきた方に朗報です!考えるチカラをサポート!おめがさん

続きを読む

睡眠不足が認知症の原因になる??

近年、「睡眠不足が認知症を引き起こす」と聞いて驚いています。睡眠時間が短い人は、アルツハイマー病の発症率も高いことが分かってきました。 アルツハイマー病は「アミロイドβ」というタンパク質が脳にたまって、脳の神経細胞を破壊することで起こります。通常、たまったアミロイドβは睡眠中に処理されます。しかし、眠りが浅くなるとアミロイドβがたまりやすくなります。 専門家の医師によると、「6時間半以上の睡眠が必要です」と話していました。とはいえ、私は「6時間半の睡眠」をコンスタントに取るのが難しいです。 そういう人には、「昼寝」が脳の疲れを想像以上に取れるのです。国立精神・神経医療研究センターの調査によれば、「30分程度の定期的な昼寝」の習慣は、アルツハイマー病のリスクを20%にまで減らすと言っています。ただし、1時間以上の長い昼寝は逆効果なので注意しましょう。 テレビ番組「この差って何ですか?」では、「睡眠不足が認知症を招く」といった内容で放送が予定されています。 >>TVで話題の「知的ケア」高純度「プラズマローゲン」サプリメント スポンサーリンク

続きを読む

糖尿病がアルツハイマーの危険因子となる

ある調査によると「親に患ってほしくない病気」の1位が“認知症”との結果でした。また、なりたくない病気のアンケートでも認知症は1位のようです。 アルツハイマーと血糖値の関連を調査した九州大学の「久山町研究」をご紹介します。65歳以上の久山町住民1238名を対象にして血糖値の測定と脳のMRI検査を行いました。記憶をつかさどるといわれる脳の海馬の容積などを測定しました。アルツハイマー型認知症では、海馬が萎縮することが知られています。血糖値が高い人は海馬の萎縮が進んでいるのが画像検査によって明らかになりました。 日本でも食生活の欧米化や運動不足などで糖尿病を発症している方が増加しています。また、空腹時の血糖値よりも食後の血糖値の方が、脳の萎縮と関連があるようです。 ■関連情報■糖尿病予備群にならないための早期発見法生活習慣病は、とても恐ろしい病気です。特に糖尿病は、他の病気と合併症を起こしやい病気だと言われています。 スポンサーリンク

続きを読む

認知症予防に役立つ“BDNF”とは?

認知症予防の研究で、最近注目されている“BDNF”という物質をご存じでしょうか?先日「たけしのみんなの家庭の医学」でも取り上げられていました。 認知症の予防に役立つBDNFとは脳内にアミロイドβたんぱく質の増加がアルツハイマー病の原因と言われています。それだけでなく、BDNFを増やせば、物忘れや認知症を予防できる可能性があるようです。アメリカ・ミネソタ大学の脳解剖研究で判明したようです。BDNFとは脳に存在する蛋白質の一種で、神経疾患治療に応用可能なことで着目されています。 BDNFを増やす認知症予防トレーニング「たけしのみんなの家庭の医学」では、修道女たちの生活習慣にヒントがあるとのことでした。修道女たちは、規則正しく日課をこなすことで、適度な運動をしながら頭も同時に使っています。また、「30分ほどの有酸素運動を毎日おこなうと良い」とされています。ただし、病気などで治療を行っている場合は主治医に確認してから行ってください。 ■体を動かしながら同時に脳を使う一例(目安:1回30秒×週3回) 1.踏み台や階段の一番下の段で右足から上がって左足から降ります。2.同時に計算(足し算・引き算)を行います。 スポンサーリンク 関連情報無理のない有酸素運動で免疫力を高めよう人と楽に会話できる程度で、やや汗ばみ、爽快感を味わいながら出来る強度。代表的なものとしてはウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、水中ウォーキングなどがあります。

続きを読む

スポンサーリンク