軽度認知障害を早期発見する血液検査

物忘れが多くなったことで、アルツハイマー型認知症を心配する人も多いと思います。認知症は、まれな場合を除き、現時点では治す治療法はないようです。物忘れでも、認知症の一歩手前にあたる軽度認知障害の可能性もあります。軽度認知障害(MCI)とは、認知症予備軍とも呼ばれています。この段階で対策をとれば、認知症を予防することも可能と言われます。 軽度認知障害(MCI)を早期発見する血液検査アルツハイマー病…

続きを読む

サンマに驚愕のボケ予防や動脈硬化予防

秋に旬を迎えるサンマ、10月~11月頃に獲れるサンマは脂がのって美味しいとか。今年は漁獲が少ないので、食卓にのぼることが少ないかもしれません。 サンマやイワシ、サバなどの「青魚」には、EPA、DHAが豊富です。血栓予防や動脈硬化の予防効果はよく知られています。近年、EPA、DHAは、ほかにも素晴らしいパワーのあることがわかりました。 サンマに驚愕の効能EPAやDHAにはボケ予防やアルツハ…

続きを読む

最新の研究で認知症予防に筋トレ効果

「筋トレ」は最新の研究で認知症を予防する効果が明らかになってきました。NHK番組「あしたも晴れ!人生レシピ」で詳しく放送されます。筋肉作りに必要な食材や食べるタイミングなども紹介されます。 筋トレと認知症予防の関係筋肉を動かすことは、脳の神経伝達をスムーズにします。記憶をつかさどる「海馬」は、65歳を超えると1年で約1%萎縮すると言われます。海馬が萎縮することで記憶の機能が減少してしまうことに…

続きを読む

認知症や寝たきりを防ぐフレイル対策

寝たきり・要介護になるのを防ぐためには、早い段階で気づくことが大切ですね。その対策の中でいま注目を集めているキーワードが「フレイル」です。フレイルという言葉は、認知症に関連する言葉です。 フレイルとはフレイルの語源は、英語のFrailty (フレイルティー)で、老衰、虚弱を意味します。筋肉や食欲が落ち日常生活の活動量も減って、心身の活力が低下した状態を指します。元気な状態と介護を必要とする状態…

続きを読む

スポンサーリンク