偏食せず何でも食べて認知症に備えましょう!

今までは認知症の予防は難しいとされていました。しかし、最近では認知症リスクは減らすことができると考えられるようになっています。 最新の研究では、「偏食せず何でも食べる人」ほど認知機能低下のリスクが下がるという結果が出ています。 国立長寿医療研究センターが16年に発表した研究結果では、一度の食事でより多い品目を食べている人ほど良いようです。 たとえば、朝食をパンとコーヒーだけで済ませる人より、みそ汁やご飯、漬物、卵焼きなど、品数や使われた食材の種類が多いこと。幅広い食材をいつも取ることを心がけて、認知症を予防しましょう。 【関連情報】ニオイを感じなくなったら認知症に要注意最近の研究で、アルツハイマー病の症状に“ニオイがしなくなる”ことが判明したそうです。 そのため、嗅覚障害の検査をアルツハイマー型認知症の早期発見に利用するといったことも考えられています。 最新の研究で認知症予防に筋トレ効果筋肉を動かすことは、脳の神経伝達をスムーズにします。記憶をつかさどる「海馬」は、65歳を超えると1年で約1%萎縮すると言われます。海馬が萎縮することで記憶の機能が減少してしまうことにつながります。 家族の笑顔、忘れないでいたいから「プラズマローゲン18000」近年の超高齢化社会は深刻な問題として取り上げられています。毎日大変なのに、親のお世話までとなるととても手が回りませんよね。 スポンサーリンク

続きを読む

ゴルフで記憶力が改善!認知症予防にお勧め

人生100歳時代といわれますが、最も大切なのは元気に生活できることですね。各メディアでは、健康寿命を延ばすための様々な情報が伝わっています。 しかし、そのための大きな阻害要因となっているのが“認知症”の発症です。認知症の予防のために、私のお勧めは「ゴルフ」です。健康維持のために、個人が趣味として続けられる「ゴルフ」を選びました。 ゴルフによる認知症の予防認知症の危険因子は、体を使わないことと頭を使わないことを指摘しています。運動不足はアルツハイマー発症の1番の危険因子です。 国立長寿医療研究センターなどが実施したゴルフによる認知症の予防効果について。高齢者の記憶力が改善し、体力など心身に良い影響があった結果が公表されました。 ゴルフは打数の計算などで頭も使います。また、仲間とプレーをすることで認知症予防に効果がある社交になると解説しています。 日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長は、高齢者のゴルフ人口を増やしていきたいとの考えを示されました。 スポンサーリンク 【関連情報】 >>都内で唯一の初心者専用ゴルフスクール <<定額制でどこよりもリーズナブルに通えるゴルフスクール『サンクチュアリ』!都内で唯一の初心者専用ゴルフスクール。全店舗とも駅から3分以内。レンタルもすべて無料で、手ぶらでゴルフレッスンが受けられます。まずは体験レッスンからその魅力を感じにお越し頂きたく思います!

続きを読む

イチョウ葉エキスが認知症予防に関係あり

認知症予防の中でも特に関心が寄せられているのが「食事」ですね。多くのメディアで様々な食品や栄養素が取り上げられています。しかし、どんなものを摂ったらよいのか、戸惑っている方も多いのではないでしょうか。今回は、認知症予防の栄養について専門家がすすめる「イチョウ葉エキス」についてまとめてみました。 スポンサーリンクイチョウ葉エキスの効果イチョウは私たちの身近にある植物ですが、その葉から抽出されたエキスが物忘れや認知機能の低下に対するサプリメントに使用されているのを見かけます。 イチョウ葉エキスは臨床試験の結果、「脳の血流を改善し、認知機能の一部(記憶力の精度)や判断の正確さを向上させる」ことが報告されています。 ■年を重ねて記憶力に自信がなくなってきた方〇ものを取りに来たはずなのに、何を取りに来たか物忘れが多くなった〇人の名前や芸能人の名前が出づらくなった〇会話に「あれ」や「それ」が多くなった 人生100年時代ともいわれる中で、年齢を重ねるごとに記憶力に自信がなくなり、不安を持つ方が増えています。 ■昔に比べて、勉強したことが頭に入ってこないとお悩みの方〇若いころに比べて物覚えが悪くなった〇英語を勉強したいけど、単語が頭に入ってこない〇試験があるけど、ちゃんと覚えて思い出せるか心配 大人になっても語学に、資格試験など勉強をすることは多いはず。しかし若い時に比べて、「物覚えが悪くなった」と感じることが増えていませんか?そこで、毎日の習慣として、おすすめしたい「オボエール」をご紹介します。脳の…

続きを読む

「睡眠負債」は認知症のリスクを高める

皆さんは、「睡眠負債」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?一時的な睡眠不足ではなく、慢性的な睡眠不足のことを言います。簡単に言うと“寝不足の蓄積”で、睡眠の借金だと思います。 最新研究で、生活習慣病のリスクが上がる可能性が明らかになっています。また、認知症に大きく関係していることが研究でわかってきました。睡眠時間が7時間未満だと、認知症のリスクが1.7倍になるというデータもあります。 この「睡眠負債」は自分では気づけないところがあるようです。1日6時間程度の睡眠なので、自分では問題はないと思っている人でも、実はわずかに睡眠が足りておらず、その影響が負債のように蓄積することがわかってきました。睡眠負債を返済するには十分な睡眠をとることが指摘されています。統計的に1日7~8時間の睡眠をとっている人は、最も寿命が長いといわれています。 スポンサーリンク ただ、日本人は先進国26カ国で下から2番目に睡眠が短いようです。そこで解決策として提案されているのが、昼寝をすることのようです。昼寝は蓄積した睡眠負債も解消できますし、仕事のパフォーマンスも向上します。>昼寝はアルツハイマー病の予防効果も<

続きを読む

ニオイを感じなくなったら認知症に要注意

最近テレビで、「認知症予防」を取り上げる企画が増えているように感じています。いよいよ認知症が「予防」できる時代になったようです。最近の研究により、アルツハイマー病の症状に“ニオイがしなくなる”ことが判明したそうです。 そのため、嗅覚障害の検査をアルツハイマー型認知症の早期発見に利用するといったことも考えられています。 嗅覚を刺激して認知症予防鳥取大学医学部の浦上教授は、認知症の専門医として研究に取り組まれています。アルツハイマー型認知症では、海馬が萎縮することにより記憶障害が起きます。海馬の萎縮より前に嗅神経の機能が低下するという特徴があるようです。そこで、アロマテラピーで嗅覚を刺激して認知症を予防するというものだそうです。 スポンサーリンク

続きを読む

最新の研究で認知症予防に筋トレ効果

「筋トレ」は最新の研究で認知症を予防する効果が明らかになってきました。NHK番組「あしたも晴れ!人生レシピ」で詳しく放送されます。筋肉作りに必要な食材や食べるタイミングなども紹介されます。 筋トレと認知症予防の関係筋肉を動かすことは、脳の神経伝達をスムーズにします。記憶をつかさどる「海馬」は、65歳を超えると1年で約1%萎縮すると言われます。海馬が萎縮することで記憶の機能が減少してしまうことにつながります。筋トレを行う事で血流が促進され、海馬内の神経細胞が新しく作られます。かつ海馬が大きくなったというデータもあります。筋トレは、海馬内の神経細胞を常に鍛える事で認知症予防につなげる事が出来ます。 スポンサーリンク 筋トレで代表的なスクワット効果スクワットは、シンプルな動作のため誰でも簡単にできるのが特徴です。器具を使わず場所も取らなくて、効果があるため注目されています。しかも下半身の大きな筋肉部分を鍛えることができるので大変理想的なのです。スクワット手順⇒スクワットで健康的に運動不足の解消

続きを読む

認知症や寝たきりを防ぐフレイル対策

寝たきり・要介護になるのを防ぐためには、早い段階で気づくことが大切ですね。その対策の中でいま注目を集めているキーワードが「フレイル」です。フレイルという言葉は、認知症に関連する言葉です。 フレイルとはフレイルの語源は、英語のFrailty (フレイルティー)で、老衰、虚弱を意味します。筋肉や食欲が落ち日常生活の活動量も減って、心身の活力が低下した状態を指します。元気な状態と介護を必要とする状態の、ちょうど中間の状態を示すということですね。 フレイルになる原因と予防策フレイルの原因は、ほとんどが「加齢によるもの」と言われてきました。しかし、「体力の低下」といった身体的な面だけではありません。認知機能の低下から認知症の発症や、うつ病などの精神的な面もあります。予防は、ウォーキングなど無理のない有酸素運動で筋肉を増やすことが推奨されます。また、食事では肉や魚や大豆などのタンパク質の摂取を心がけることも重要です。食べ物や栄養を意識することは、「健康で長生きする」ための重要な予防策ですね。 スポンサーリンク 関連情報ご家族の不安に、認知対策サプリメント NHKやTV番組、新聞など多数メディアで取り上げられた話題のプラズマローゲン配合のサプリメントです。認知症にお悩みの方、ご家族の介護にお悩みの方のためのサプリメントです。ご家族の負担にならないよう、コストを抑えて継続いただける価格です。

続きを読む

名医がすすめる認知症予防に夏野菜のなす

認知症予防のおすすめ夏野菜の“茄子(なす)”が紹介されました。TV番組「その原因、Xにあり!」で、認知症の原因となる脳のゴミ掃除をするという。 認知症予防におすすめの夏野菜朝田先生は、「なすに含まれる“デルフィニジン”が原因物質を抑制する」という。なすの実と皮の間に多く含まれるデルフィニジンという成分はポリフェノールの一種。茄子(なす)は、認知症の発症率が世界で一番少ない国インドで生まれた夏野菜。 認知症を予防する「なす」の食べ方なすの効果的な食べ方は、油で炒め、ターメリックを合わせることがおすすめという。市販のカレールーにもターメリックが含まれているものが多くあります。そのため、なすを素揚げにして、「なすカレー」にするのがおすすめという。デルフィニジンは、油に溶けやすい成分で、炒めたり揚げたりすると吸収率がアップ。また、ターメリックに含まれるクルクミンは、認知症の原因物質を抑制するとのこと。 関連情報 レシチンのパワー!卵黄コリン 卵黄コリンとビタミンB12の組み合わせではつらつとした毎日を!注目の成分をたっぷりと配合した、おすすめのサプリメントです。 スポンサーリンク

続きを読む

人の名前が思い出せない!!心配なし?

最近、「人の名前が思い出せない」ことはありませんか?このような物忘れは単なる加齢のせいなのか、それとも認知症の始まりなのでしょうか。 医師によると、加齢による物忘れと認知症の物忘れは、種類が違うと説明しています。 「人の名前が思い出せない」は心配しなくていいようです。 それは“オメガ脂肪酸”と呼ばれる栄養の不足が原因かもしれません。思い出すことや考えることにはエネルギーを消費します。そのためにも補いたい栄養で、健康に欠かせない必須脂肪酸です。 しかし、必須脂肪酸は年齢とともに体内で作られにくくなります。そのため、肉や青魚、卵に多く含まれるので、十分に摂る必要があるようです。 スポンサーリンク オメガ3脂肪酸は、α-リノレン酸や、DHA、EPAなどがよく知られています。毎日意識してバランスよく摂るように工夫したいですね。 >>あれ?うっかり…が増えてきた方に朗報です!考えるチカラをサポート!おめがさん

続きを読む

認知症予防に役立つ“BDNF”とは?

認知症予防の研究で、最近注目されている“BDNF”という物質をご存じでしょうか?先日「たけしのみんなの家庭の医学」でも取り上げられていました。 認知症の予防に役立つBDNFとは脳内にアミロイドβたんぱく質の増加がアルツハイマー病の原因と言われています。それだけでなく、BDNFを増やせば、物忘れや認知症を予防できる可能性があるようです。アメリカ・ミネソタ大学の脳解剖研究で判明したようです。BDNFとは脳に存在する蛋白質の一種で、神経疾患治療に応用可能なことで着目されています。 BDNFを増やす認知症予防トレーニング「たけしのみんなの家庭の医学」では、修道女たちの生活習慣にヒントがあるとのことでした。修道女たちは、規則正しく日課をこなすことで、適度な運動をしながら頭も同時に使っています。また、「30分ほどの有酸素運動を毎日おこなうと良い」とされています。ただし、病気などで治療を行っている場合は主治医に確認してから行ってください。 ■体を動かしながら同時に脳を使う一例(目安:1回30秒×週3回) 1.踏み台や階段の一番下の段で右足から上がって左足から降ります。2.同時に計算(足し算・引き算)を行います。 スポンサーリンク 関連情報無理のない有酸素運動で免疫力を高めよう人と楽に会話できる程度で、やや汗ばみ、爽快感を味わいながら出来る強度。代表的なものとしてはウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、水中ウォーキングなどがあります。

続きを読む

スポンサーリンク