動物との触れ合いが認知症を改善する!

犬と人間が目を見つめ合うことで、“愛情ホルモン”が増えるという研究が発表されました。麻布大学動物応用科学科などによると、双方にオキシトシンの分泌が増えるというのです。動物との触れ合いがもたらす効果アニマルセラピーとは“動物介在療法”といって、精神や肉体の機能を向上させる療法です。動物と一緒にいると、人間というのは穏やかな気持ちになったり、優しくなったりします。犬などの動物を使った動物介在療法を、うつ病や認知症改善で活用する動きがあります。脳内の神経伝達物質であるセロトニンが増え、さらには血圧が下がる効果を得られるのです。ペットを介在したプログラムによって、メンタル面と身体機能の向上も示されたといいます。人間らしい感情や心を取り戻させてあげられるのが、認知症のアニマルセラピーと思います。 関連情報「癒やしホルモン」の驚きパワーNHK ガッテン!で、2016年6月1日(水)午後7時30分放送予定です。(番組紹介から引用)体の痛みが驚くほど軽くなったり、認知症の症状がピタリと止まったり。 それを実現してくれるのは、あなたの体の中の「癒やしホルモン」。 世界が注目する驚きの力を紹介!そのホルモンの名前は「オキシトシン」。 体に触れられると脳から出てくる不思議な性質を持っている。その癒やし効果は絶大で、痛みやストレスを大きく緩和するだけでなく、血圧まで下げてくれることが判明!方法は1日たった10分間、腕や背中をさするだけ。 スウェーデンなど、欧米の医療機関で取り入れられているその驚きのパワーを、最先端…

続きを読む

スポンサーリンク