若い世代に忍び寄る“若年性認知症”とは

近ごろ、64歳以下の若い世代にも認知症患者が増えているといいます。若い世代の人が認知症と診断されると、“若年性認知症”と呼ばれます。 40代に入ったら、早めと思うかもしれませんが、意識しておきたいものです。 物忘れが出始めても、まだ若いということで認知症とは気付かなかったりするようです。 若年性認知症の症状若年性認知症では、物忘れが見られ、仕事で大事な予定を忘れてしまう場合があります。忘れ…

続きを読む

若年性認知症は生活習慣の改善で予防!

認知症は高齢者の病気と思われがちですが、実は働き盛りの年代でも認知症になることがあります。それが、近年よく耳にするようになってきた「若年性認知症」です。 高齢化社会になり、高齢者のアルツハイマー型認知症が増えたことで、老人性アルツハイマー型認知症と若年性アルツハイマー型認知症は区別されるようになりました。 しかし、脳に異常が起きて認知症が進行していくのには変わりありません。 若い人…

続きを読む

スポンサーリンク