アルツハイマー病が注射で治る実験に成功!

脳にたまったアルツハイマー病の原因物質を取り除く遺伝子をマウスの血中に投与して症状を改善させる実験に成功しました。 これは、理化学研究所の西道隆臣シニアチームリーダーと長崎大学薬学部の岩田修永教授らとの共同研究グループによる成果で、英科学誌に3月18日発表されました。 アルツハイマー病の原因物質(アミロイドβ)を分解する酵素(ネプリライシン)の遺伝子を、マウスの心臓の血管に注射したところ、学習・記憶能力が回復したのです。 従来、脳疾患における遺伝子治療では、外科的手術により直接脳内に効果が期待される遺伝子を組み込んだウイルスベクターを注入していました。 しかし、この治療法は簡便性に欠け、遺伝子の局所注入という制約条件があるため広範な脳領域への遺伝子導入は困難でした。 (アミロイドβを減らすことが大切) 今後は、サルでの実験で安全性の確認と早期治療の前提となる簡便な診断法の開発といった課題に取り組み、患者に使える注射薬の開発につなげたいとしています。 ウイルスベクターを迅速かつ大量に生産する技術の開発や安全性の問題などが解決されれば、臨床応用も期待できます。 今回開発したウイルスベクターは、中枢神経系疾患の遺伝子治療の概念を変える革新的な技術であります。 若年発症型のものを含めて全てのアルツハイマー病患者の根本的な予防や治療法となる潜在力があると考えられます。 また、最近の研究でアルツハイマー病の患者に、ヘッドホンで昔好きだった音楽を聴くことで、ダ…

続きを読む

スポンサーリンク