スポンサーリンク

糖尿病がアルツハイマーの危険因子となる


ある調査によると「親に患ってほしくない病気」の1位が“認知症”との結果でした。アルツハイマー病.jpg
また、なりたくない病気のアンケートでも認知症は1位のようです。


アルツハイマーと血糖値の関連を調査した九州大学の「久山町研究」をご紹介します。
65歳以上の久山町住民1238名を対象にして血糖値の測定と脳のMRI検査を行いました。
記憶をつかさどるといわれる脳の海馬の容積などを測定しました。
アルツハイマー型認知症では、海馬が萎縮することが知られています。
血糖値が高い人は海馬の萎縮が進んでいるのが画像検査によって明らかになりました。

日本でも食生活の欧米化や運動不足などで糖尿病を発症している方が増加しています。
また、空腹時の血糖値よりも食後の血糖値の方が、脳の萎縮と関連があるようです。

■関連情報■
生活習慣病は、とても恐ろしい病気です。
特に糖尿病は、他の病気と合併症を起こしやい病気だと言われています。

posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強い抗酸化作用でアルツハイマー予防


ビタミンEは、強い抗酸化作用のあるビタミンとして昔から知られています。アーモンド.jpg
そのビタミンEが、認知症や生活習慣病の予防効果が期待されています。

実際にアメリカで行われた研究では、ビタミンEとビタミンCを一緒に摂取し続けることでアルツハイマー型認知症になりにくくなるという疫学調査の結果をまとめています。
この調査は、ユタ州に住む65歳以上の4740人を対象に行われました。

ビタミンEの健康効果

体内では、活性酸素が細胞を酸化させることによって、老化の原因が起こっています。
ビタミンEには、高い抗酸化作用があり、細胞の老化防止に役立つといわれているのです。

しかしながら近年、ビタミンEの過剰摂取による副作用もあります。
主なものとしては、頭痛や胃の不快感、皮膚のかゆみ、むくみなどです。

ビタミンEの1日の摂取量の目安は、成人男性で7mg、成人女性で6.5mgです。
ビタミンEが多く含まれている代表格は何といっても「アーモンド」です。
アーモンドは100gあたりのビタミンEの含有量が、31.0mgあります。
1粒約1gなので、男性22粒(女性20粒)程度で1日の目安量を摂取できてしまうのです。

ほかにビタミンEを多く含む食品としては、モロヘイヤ、うなぎ、カボチャなどがあげられます。

関連情報

認知症は、65才以上の10人に1人は発症する、高齢者に多い病気です。
しかし、最近は18歳〜64歳の若年性認知症が増えています。

posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病になると認知症になりやすい


糖尿病になると、アルツハイマー病などの認知症に2.1倍くらいなりやすいと言われています。脳内.jpg
九州の久山町で行われた疫学研究で報告されています。

アルツハイマー病とは

アミロイドβというタンパク質が脳内にたまり、神経細胞が死滅すると考えられています。
このアミロイドβを排泄するのに血管の拍動や脂質代謝が大きく関わっています。
血管が拍動することで、アミロイドβがたまりにくくなります。
しかし、糖尿病では血管が障害されるため、拍動が起こりにくくなります。
そのため、糖尿病ではアルツハイマー病になりやすいのです。
糖尿病は生活習慣病と言われ、食事や運動などで予防することが第一です。


糖尿病にならないために

糖尿病の初期は、ほとんど自覚症状がありません。
自覚症状が何もなくても、糖尿病は体内で進行していきます。
糖尿病を悪化させるのは、そのまま放置したり、治療を途中で中断したりするケースです。
健康診断で糖尿病の疑いや可能性が見つかったときは、放っておかずに受診しましょう。



関連情報


posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症予防には脳トレで脳が若返る


40代でも脳の神経細胞は減少しますが、脳には使いきれていない細胞が山ほど眠っています。
それを刺激し活性化させれば、80歳になっても脳は成長すると言われています。

NHK 団塊スタイル「脳は若返る!実践 脳力テスト」と題して放送されていました。
脳を成長させるポイントは、新しいこと、苦手だった分野に挑戦することだそうです。
番組では、視聴者も一緒にできる「脳年齢」測定テストを実施していました。

普段から高血圧気味の人は、脳血管性認知症に注意してください。
みんなの家庭の医学では、普段から高血圧気味の人は、脳血管性認知症に注意してください。

認知症予防のための脳トレ

40代でも自覚がないだけで、脳は少しずつ委縮していっています。
例えば、名前が出てこないなどの物忘れは、40代でもあるのではないでしょうか。

新しいことにチャレンジ

これまでやった事がないものにチャレンジすることはとても良い“脳トレ”になります。
日曜大工では、作った経験がない物に挑戦することが良いでしょう。
英会話やパソコン、絵を描いたり俳句を詠んだりすることも脳トレになります。

囲碁・将棋・オセロ・麻雀・パズル

相手の手を読んだりするゲームは脳が大いに刺激されます。
そして、このようなゲームは楽しく行うという事が、脳の活性化になります。
トロント大学で行われた研究で、認知症予防にはパズルが効果ありとされました。
posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ワインを飲んでアルツハイマー予防


赤ワインがアルツハイマー病の予防に効果的と言われています。赤ワイン.jpg
様々な疫学研究や動物実験などが認知症予防に有効との結果を示しています。

赤ワインに含まれるポリフェノール

ブドウの種を歯でかむと苦味がしますが、これがポリフェノールの味です。
ポリフェノールはブドウの皮や種にたくさん含まれています。
特に赤ワインは皮も一緒に発酵させるので、ポリフェノールは白ワインより多量に含まれます。

ポリフェノールの効果

赤ワインに含まれているポリフェノールが抗酸化物質となって活性酸素を抑えてくれます。
ポリフェノールの抗酸化作用が、脳細胞の損傷を守ってくれます。
つまり、活性酸素を抑えることで認知症予防となるのです。
アルツハイマー病は、アミロイドβタンパク質が脳内に蓄積することで発症します。
赤ワインの抗酸化物質は、アミロイドβが蓄積するのを阻止してくれる働きをしてくれます。

赤ワインの適量は

アルツハイマー型認知症の予防に赤ワインを飲む場合、1日コップ1〜2杯が適量です。
毎日大量に飲んでいると認知症になるリスクが高まることも確認されています。
薬も飲みすぎては毒薬になってしまいますので、アルコールの大量摂取は逆効果ですね。
また、ビール1日1本飲む人は、アルツハイマー型認知症の発症リスクが1/2になると言われています。
posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症予防に効果のある食材が判明


近年の研究で、認知症を予防できる可能性のある食材が判明したと言われています。
認知症は、今や生活習慣病ではないかと言われるまでになってきました。
認知症予防は、生活習慣病の予防と共通する面も少なくありません。


認知症予防に効果のある食材とは

■青魚(イワシ、サバ、サンマ、アジなど)

青魚には認知症予防に効果が高いと、よくいわれるDHA・EPAが多く含まれています。
週2回青魚を食べる人は、月に1回以下しか食べない人と比べて、認知症の発症は28%減少し、アルツハイマーは41%減少すると報告されています。
(アメリカの大学が行った調査)

■緑黄色野菜

緑黄色野菜にはβ-カロテンやファイトケミカルなど抗酸化物質が豊富に含まれています。
加齢とともに体は酸化していき老化の原因になります。
その体の酸化を少しでも緩和させる効果があるのが抗酸化物質なのです。
抗酸化作用が、認知症を予防し、もの忘れを防ぐと言われています。

■大豆食品(みそ、しょうゆ、納豆など)

大豆製品には記憶力を強化する「レシチン」という成分が多く含まれています。
レシチンには血中コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがありまするとされています。
60代〜70代で野菜と大豆製品を多く食べた人は認知症リスクが3割減ったデータがあります。
(九州大学大学院医学研究院 精神病態医学の久山町研究より)
納豆に含まれるナットウキナーゼが血栓を溶かし、血液サラサラにする作用があります。

■乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)

■海藻類(わかめ、海苔など)


関連情報

2016年5月10日【認知症を予防する4食材】と題して放送されます。
世界も注目する認知症の予防効果が示唆された食べ物を一挙公開!
福岡県にある日本の縮図と言われる久山町で行われた15年間に渡る大規模な疫学調査によって判明。
認知症の名医、国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生も注目する、その食材とは一体!?
posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指をよく動かすことで認知症を予防


手や指は「第二の脳」と呼ばれ、昔から「指をよく動かす人はボケにくい」と言われます。第二の脳.jpg
全国から大反響の「親ゆび刺激法」がついに1冊の本になりました。
長谷川嘉哉 (著)「親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!」です。
認知症予防の第一人者が“ずっと元気な脳"をつくるすごい方法を開発されました。

手は第二の脳といわれる訳とは?

手や指の神経と大脳は密接につながっています。
頭痛、腹痛のとき無意識に患部に手を当てますが、手が脳へ送るサインとみることができます。
手や指を動かすことによって、大脳を刺激すると同時に、新鮮な血液を供給する事ができます。
末梢神経が多く通っている指先を動かせば、脳への血流がよくなります。
実際に手や指を動かした後、脳の血流量を測定したデータがあります。
それによれば、10%以上も血流がよくなったという結果が出ているようです。

関連情報


posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘酒!ボケずに認知症を予防する


血管をきれいにして、血液サラサラにすることは認知症予防の大前提と言われています。米麹の甘酒.jpg
そのためには、腸内環境を整えることが大事なポイントなのです。

腸の機能が低下すると脳に対してうまく指令を出せなくなります。
腸内を整えることで、結果として脳にもしっかり働きかけることが可能なのです。

悪玉菌が多い人は認知症になりやすい

東京大学の光岡知足名誉教授は、「善玉菌」「悪玉菌」といったネーミングを命名されました。
教授らのグループが行った研究によれば、健康な高齢者と比べて、アルツハイマー病を発症している高齢者の腸内には、悪玉菌が増えており、反対に善玉菌が減っていたのです。

腸内に悪玉菌が増えて優勢になれば、腸が衰えて便秘や下痢を引き起こしやすくなります。
それだけでなく、腸が衰えると脳に不可欠の栄養が、腸から十分に吸収されなくなり、認知症を招きやすくなると考えられているのです。

甘酒は認知症予防につながる

腸内の善玉菌を増やすことは、健康維持だけではなく、認知症予防につながると考えられます。
善玉菌を増やすには、善玉菌が大好物な甘酒、納豆、味噌などの発酵食品がおすすめです。

“甘酒”のもとは米麹で、発酵の過程で自然界にある乳酸菌が入り込んで乳酸発酵します。
米のたんぱく質が分解されてできたアミノ酸やペプチドが含まれています。
そのほか、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラル成分やビタミンB群が豊富です。
これらの栄養成分がすべて溶けている甘酒は、「日本版ヨーグルト」のようなものです。
先日、「林修の今でしょ!講座」や「世界ふしぎ発見!」でも甘酒の健康効果について名医が紹介されました。

認知症の関連情報


posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険な物忘れは軽度認知障害の恐れ


日本では認知症患者は約460万人と言われています。物忘れ.jpg
認知症の一歩手前の“軽度認知障害”を合わせると800万人以上!

軽度認知障害は日常生活に支障がないため、本人が気づきにくいことが多いので危険。
軽度認知障害(MCI)の状態であれば回復することが可能なのです。

しかし、実際には軽度認知障害の約50%の方が認知症に進行してしまうとのこと。

日常生活の「物忘れ」には、危険な物忘れと、大丈夫な物忘れがあるようです。
TV番組「健康カプセル!ゲンキの時間」では、危険な物忘れについて放送されました。

年をとると増える「物忘れ」の原因は脳の萎縮と考えられます。
最新研究で脳の萎縮が進んでも記憶力を衰えさせない方法が明らかになったようです。
それは、物忘れストップ物質「BDNF(脳由来神経栄養因子)」を増やすことのようです。

危険な物忘れ

最近の出来事や直近の予定を覚えていない物忘れは、アルツハイマー型認知症になりやすい。
危険な物忘れも、たまになら問題ないが頻度が高くなると注意が必要です。
頻発する場合は受診するのが良いと医師は言っていました。
  1. 用が会って移動したのに何をするか忘れる
  2. 同じ本を買ってしまう
  3. 人と会う約束を忘れる
また、知人の約束を二重にしてしまうダブルブッキング(オーバーブッキング)。
経験がある方は、一度「もの忘れ外来」を受診されることをお勧めします。

大丈夫な物忘れ

  1. よく会う人の名前を忘れる
  2. 昨晩食べたおかずを忘れる

軽度認知障害の予防法

将棋やチェスなど人と駆け引きするようなものが脳の活性化につながるようです。
現役最高齢棋士の加藤一二三さん(76歳)は、毎日2時間クラシック音楽を聴いています。
音楽はリラックス効果だけでなく、脳を活性化させ認知機能を改善させる「音楽療法」です。
また、バナナなどの果物は抗酸化作用が高いので、軽度認知障害の予防にオススメです。

関連情報

最近の若者は青魚(DHA)の摂取が少ない傾向にあり、老年になってからアルツハイマー病を発症する人が増える事がきがかりであります。

posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲームをして遊ぶのも認知症予防


遊んで楽しみながら認知症を予防する方法をインターネットで見つけました。パズル.jpg
ゲームで脳が活性化したという研究は世界各地にあります。

トロント大学の研究で、認知症予防には“パズル”が効果ありと発表。

約2万5千人の65歳以上の患者を対象に32件もの実験を行ったという大きな検証です。
成果を発揮したのが、パズルによる脳トレーニングです。
(結果はカナディアン・メディカル・アソシエーション・ジャーナルに発表されました)

パズルをして遊ぶ認知症予防

パズルは非常に頭を使い論理的な思考が必要で頭の中で試行錯誤を繰り返すことになります。
遊びながらも、とても頭が疲れるのは脳細胞を活発に働かせている証です。
脳トレを目指したパズルといってもたくさん種類があります。

クロスワードパズル・ジグゾーパズル・ルービックキューブ・知恵の輪・・・・・
トランプ・すごろく・プラモデル・編み物・・・・・
囲碁や将棋、また麻雀などのルールを知っている方は相手がいる事で刺激となります。

TV番組「駆け込みドクター」では“遊んで認知症対策”についてお話もあるようです。
ある介護施設では、施設内にカジノを思わせる設備がある所が紹介されました。

物忘れ関連情報

posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク