血液一滴でアルツハイマーの兆しがわかる?

一滴の血液でアルツハイマー病など病気の診断が可能になれば素晴らしいことですね。 こんな素晴らしい技術を、愛知県の豊橋技術科学大学や国立長寿医療研究センターなどの研究チームが開発し、1月21日に発表されました。 血液や尿を一滴とり、半導体イメージセンサーを使って、抗原抗体反応で生じるわずかな電気量の変化を読み取るようです。 病気で血液中に現れるたんぱく質と化学処理した特殊な抗体を反応…

続きを読む

スポンサーリンク