血液一滴でアルツハイマーの兆しがわかる?

一滴の血液でアルツハイマー病など病気の診断が可能になれば素晴らしいことですね。 こんな素晴らしい技術を、愛知県の豊橋技術科学大学や国立長寿医療研究センターなどの研究チームが開発し、1月21日に発表されました。 血液や尿を一滴とり、半導体イメージセンサーを使って、抗原抗体反応で生じるわずかな電気量の変化を読み取るようです。 病気で血液中に現れるたんぱく質と化学処理した特殊な抗体を反応させ、その際に生じるわずかな電流を感知するのです。 研究チームはこの技術で、アルツハイマー病の原因物質とされるアミロイドベータ(アミロイドβ)というたんぱく質の検出に成功したのです。 今までの技術では病院で血液採取を行い、高価な医療機器で数時間かけて検査が必要でした。 新技術では半導体センサーを埋め込んだ検査キットに、採取した血液をのせて測定機器に入れるだけ。 1滴の血液で検査でき、10分ほどで済むので時間も短縮されます。 自宅で簡単に利用できることから、病気の早期発見・治療につながるとしています。 がん、生活習慣病や感染症などの早期発見にも応用できるといわれています。 高性能半導体を使う世界初の技術で、2015年度末までの実用化を目指しています。 スポンサーリンク 寝不足とアルツハイマー病との関係 アルツハイマー型認知症の原因は、脳に「アミロイドβ(ベータ)」という老廃物が貯まり、これが脳細胞を破壊するからと言わています。 米ジョンズ・ホプキンス大…

続きを読む

スポンサーリンク