睡眠不足が認知症の原因になる??

近年、「睡眠不足が認知症を引き起こす」と聞いて驚いています。睡眠時間が短い人は、アルツハイマー病の発症率も高いことが分かってきました。 アルツハイマー病は「アミロイドβ」というタンパク質が脳にたまって、脳の神経細胞を破壊することで起こります。通常、たまったアミロイドβは睡眠中に処理されます。しかし、眠りが浅くなるとアミロイドβがたまりやすくなります。 専門家の医師によると、「6時間半以上の睡眠が必要です」と話していました。とはいえ、私は「6時間半の睡眠」をコンスタントに取るのが難しいです。 そういう人には、「昼寝」が脳の疲れを想像以上に取れるのです。国立精神・神経医療研究センターの調査によれば、「30分程度の定期的な昼寝」の習慣は、アルツハイマー病のリスクを20%にまで減らすと言っています。ただし、1時間以上の長い昼寝は逆効果なので注意しましょう。 テレビ番組「この差って何ですか?」では、「睡眠不足が認知症を招く」といった内容で放送が予定されています。 >>TVで話題の「知的ケア」高純度「プラズマローゲン」サプリメント スポンサーリンク

続きを読む

ピロリ菌が認知症の原因になる!

TBS「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」で“胃”をテーマに放送されていました。その中で消化器の大竹医師がピロリ菌に感染すると、認知症の一因になると伝えています。 コロンビア大学の研究で「過去の感染症が、認知機能障害の一因となるかもしれない」と発表しています。その中にピロリ菌も含まれていて、感染していると認知症になるリスクがあると言います。ピロリ菌により胃に炎症を起こすと何らかの形で脳神経に影響を及ぼすと考えられるとのこと。アルツハイマー病の予防に、ピロリ菌と認知症の関係は、こからも研究が続けられています。 ピロリ菌は悪い細菌ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の中に好んで住みつき、胃の壁を傷つける細菌。胃潰瘍や胃がん、萎縮性胃炎、十二指腸潰瘍の原因であることが明らかになってきました。 子供の頃に感染し、一度感染すると除菌しない限り胃の中に棲みつづけるのがほとんどです。上下水道の普及率が低かったり、衛生状態の悪い所ではピロリ菌感染する人も多いのです。戦後の衛生状態が悪い時代に生まれ育った人に高いピロリ菌感染率を示しています。 スポンサーリンク 日本人の50%以上がピロリ菌に感染しており、中でも50代以降では70%以上に達します。ピロリ菌に感染すると、炎症が起きますが、この時点では症状のない人がほとんどです。 ピロリ菌の除菌検査して除菌することが望ましいく、一度除菌すればほぼ二度感染はしないということです。胃の調子が悪いと思っている人は、早めにピロリ菌検査することをオススメします…

続きを読む

寝不足とアルツハイマー病の深い関係?

現在では高齢化に伴って認知症が増えています。 認知症の中でも増加しているのがアルツハイマー病なのです。 アルツハイマー型認知症の原因は、脳に「アミロイドβ(ベータ)」という老廃物が貯まり、これが脳細胞を破壊するからと言わています。 米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生学部のAdam P. Spira氏らは、「高齢者の寝不足や睡眠の質が悪くてもアミロイドβの蓄積が見られた」と報告がありました。 Spira氏らは、平均年齢76歳の米国人70人を対象に研究を実施しました。 睡眠時間が一段階下がると、アミロイドβの蓄積が0.08ポイント増加することが分かりました。 また、睡眠の質が低くてもアミロイドβの蓄積が同じく増加していたとのことです。(アミロイドβを減らすことが大切) 「今日もまた眠れないと悩んでいませんか?」 寝る前にこの香りを嗅いでみてください。不思議な睡眠専用アロマ アルツハイマー病は、高齢になるにつれて発症率が高まる病気ですが、最近では40代から65歳までの人でも発病することがあります。 若い中高年者のアルツハイマー病のことを「若年性アルツハイマー病」と言いますが、こちらの方が病気の進行が速くなっています。 【関連情報】 アロマの香りを嗅ぐことで、うっかりを予防 ローズマリー・レモン・ラベンダー・オレンジのアロマオイルで認知症は予防できる! 認知症予備軍を正常に戻せる!! 嗅神経が認知症予防の鍵になる!と、たけしの健康エンターテインメン…

続きを読む

スポンサーリンク