スポンサーリンク

認知症予防にも医食同源の考え方


昔から“医食同源”といわれるように、病気予防に最も大切なのが日頃の食事です。野菜.jpg
九州大学の研究によると、認知症には生活習慣が影響するとみています。

糖尿病や高血圧といった生活習慣病が、認知症のリスクを高めるとのこと。
一方、大豆や魚、野菜などを中心とした食事で、発症の確率が下がるとされています。

食生活の改善で認知症予防

野菜や果物に多く含まれるビタミンCやEは抗酸化物質と呼ばれ、脳血管の老化を防ぎます。
青魚やエゴマ油などの不飽和脂肪酸は、認知症予防に効果があると言われています。
EPAやDHAの不飽和脂肪酸は、動脈硬化を予防する効果がよく知られています。

また、歯科医学会でも、健康な歯と認知症の関係が注目されています。
良く噛むことは、認知症予防にも効果的なのです。
食べ物を噛むことは脳を刺激し、記憶や思考をつかさどる部位の活性化につながります。

関連情報


スポンサーリンク



posted by 明朗人 at | 認知症予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443324737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク