マインドフルネス瞑想が認知症に効く!?

ちゃんと寝ているはずなのに疲れが取れなかったりすることありませんか?
仕事中にぼーっとして違うことを考えていたりしていませんか?
実はこれらの原因は“脳の疲れ”にあると言われています。
TV番組の健康カプセル!ゲンキの時間では「疲れない脳」の作り方を大公開していました。
脳の疲れをリセットして、集中力や記憶力を高める脳トレーニングが今注目されています。
それが新世代の脳トレーニング「マインドフルネス」なのです。

マインドフルネスの効果

集中力や記憶力を高め、創造性や幸福感、健康、リラックス感が高まる可能性があります。
欧米では、すでにその効果について、多くの実証的研究報告があります。
ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されています。

マインドフルネス認知療法

マインドフルネス瞑想はストレス管理に役立つメンタルトレーニングとして米国で普及。
新たな研究で15分の瞑想が認知症を予防し、改善する可能性を示した研究が発表されました。


関連情報

スポンサーリンク

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク