認知症予防には脳が若返る脳トレ!

40代でも脳の神経細胞は減少しますが、脳には使いきれていない細胞が山ほど眠っています。
それを刺激し活性化させれば、80歳になっても脳は成長すると言われています。

NHK 団塊スタイル「脳は若返る!実践 脳力テスト」と題して放送されていました。
脳を成長させるポイントは、新しいこと、苦手だった分野に挑戦することだそうです。
番組では、視聴者も一緒にできる「脳年齢」測定テストを実施していました。

普段から高血圧気味の人は、脳血管性認知症に注意してください。
みんなの家庭の医学では、普段から高血圧気味の人は、脳血管性認知症に注意してください。

スポンサーリンク

認知症予防のための脳トレ

40代でも自覚がないだけで、脳は少しずつ委縮していっています。
例えば、名前が出てこないなどの物忘れは、40代でもあるのではないでしょうか。

新しいことにチャレンジ

これまでやった事がないものにチャレンジすることはとても良い“脳トレ”になります。
日曜大工では、作った経験がない物に挑戦することが良いでしょう。
英会話やパソコン、絵を描いたり俳句を詠んだりすることも脳トレになります。

囲碁・将棋・オセロ・麻雀・パズル

相手の手を読んだりするゲームは脳が大いに刺激されます。
そして、このようなゲームは楽しく行うという事が、脳の活性化になります。
トロント大学で行われた研究で、認知症予防にはパズルが効果ありとされました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク