スポンサーリンク

将棋など対人ゲームで認知症予防


将棋やチェスなど、楽しみながらゲームをすれば脳を活発に働かせることができます。将棋で認知症予防.jpg
相手の心理を読む“人との駆け引き”が認知症予防に効果的であることがわかっています。

近年、認知症は生活習慣病と関係することが各国の研究データで明らかになっています。

生活習慣を見直すことが認知症予防にとても大切なことです。

また軽度認知障害(MCI)の症状が改善することがわかってきたと言います。

ゲームで脳を刺激する

認知症専門医は、将棋教室に通ったMCI患者が、1年後に回復したケースがあります。
米ニューヨークの調査では、週3回以上チェスをする人と、何もしない人と比べました。
その結果、認知症発症リスクが約60%低減したという報告があるようです。
これはコミュニケーションを取り合えるという点からも良いことだと思われます。

将棋やチェスが有意義なのは、脳を働かせて次の手を考えてゲームに勝とうとします。
そうして高度な脳の使い方をすることで脳は一層鍛えられます。
脳を鍛えて仮に部分的に脳神経が破損されていたとしても別の伝達機能が発達します。
そのため、脳のトレーニング次第では認知症はさほど怖い病気ではなくなります。

ゲームの選び方は、その人にとってストレスなく楽しく続けられるのが良いようです。
ご家族で将棋を普段やっていないのであれば、趣味として取り入れてはどうでしょう。
新たな趣味の獲得は、新しい人生の楽しみを増やすことができて大事だと思います。

生活習慣病の関連情報

緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが豊富です。
カテキンは緑茶の渋み成分で、強力な抗酸化作用で免疫力を高める働きがあります。


スポンサーリンク



posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク