スポンサーリンク

物忘れが気になったら物忘れ外来


「最近、物忘れが多くなってきた」、心配になったら“物忘れ外来”を受診しましょう。物忘れ外来.jpg
NHK 団塊スタイル(2015年11月20日)では、物忘れドックについて放送されます。
もの忘れと関係の深い“アルツハイマー型認知症”やレビー小体型認知症”も紹介されます。

年をとると増える「物忘れ」の原因は脳の萎縮と考えられます。
最新研究で脳の萎縮が進んでも記憶力を衰えさせない方法が明らかになったようです。
それは、物忘れストップ物質「BDNF(脳由来神経栄養因子)」を増やすことのようです。

物忘れの症状

  1. 同じことを何度も言ったり、尋ねるようになった
  2. 会話中にとっさに人の名前が出てこなくなる
  3. 物をどこに置いたか忘れることが多くなった
  4. きのうの夕食に何を食べたか思い出せない
  5. 財布などの大事な物を失くすようになった
  6. 好きだった物事や趣味に興味を示さない
  7. 以前より怒りっぽくなった
多くの高齢者やその家族は、物忘れがみられても、すぐに病院を訪ねることはしないようです。
なぜなら、もの忘れは、誰しもが経験する当たり前の行為と受け止められていると思います。
しかし、こんな“物忘れの症状”があれば“物忘れ外来”にご相談することをお勧めします。

物忘れ外来とはどんな専門外来

最近は精神科病院や診療所で、物忘れ外来を開設している所を多く見かけるようになりました。
名称は「メモリークリニック」や「認知症外来」などを使っている診療施設もあります。
物忘れ外来は、老化現象による物忘れか、病気なのかを診断して治療してくれる外来です。

認知症はいかに早期発見、早期治療に臨めるかが重要です。
認知症ケアに力を入れている医療機関では、様々な検査を行い病気を見逃さないよう注意を払っています。
MMSEテストも認知症の疑いがある被験者のために開発された検査方法のひとつです。

物忘れ関連情報

あれ?と感じることが増えた。
年齢を恐れず楽しく年を刻む 未来のための新習慣。


スポンサーリンク



posted by 明朗人 at | アルツハイマー病の初期症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック