認知症予防のためのアミロイドPET検査とは

近年、アルツハイマー病を早期に発見する新しい検査方法が注目を集めているようです。

アルツハイマー病の検査方法

PET(陽電子放出断層撮影)を使った「アミロイドイメージング」という新しい方法です。
アミロイドとはアルツハイマー病の原因と考えられている物質といわれています。
このアミロイドβタンパク質は、認知症が現れる約20年前から脳にたまり始めていることが知られています。

そのため、若い人でもアミロイドβは確認される可能性が有ります。

認知症の前段階ともいえる「軽度認知障害(MCI)」の段階で発見できるようです。
今後、アミロイドPET検査はアルツハイマー型認知症(AD)の早期発見に世界的に研究が進められています。

認知症はいかに早期発見、早期治療に臨めるかが重要です。
認知症ケアに力を入れている医療機関では、様々な検査を行い病気を見逃さないよう注意を払っています。
MMSEテストも認知症の疑いがある被験者のために開発された検査方法のひとつです。

スポンサーリンク

アルツハイマー予防の関連情報

カロテノイドで特にルテインを含む食材にアルツハイマー予防に効果があると言われます。
ルテインを含む食材には、ほうれん草、トウモロコシ、グリンピース、ブロッコリーなどがあり、その中で特に「ほうれん草」がオススメです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク