脳トレになる「けん玉」が認知症予防に効果的!

けん玉.jpgけん玉の遊びが「脳トレ」として今注目を浴びています。
誰もが遊んだ、けん玉って、手先を使ったり、バランスを取ったりするので、認知症予防に効果があるそうです。

手先を使うと認知症予防になります。

けん玉は膝や腰や太ももをかなり使い、さらに全身を動かす全身運動であることも分かります。

そういう意味では有酸素運動にもなるわけですね。

けん玉を使った健康教室は、大手フィットネスクラブでも、取り入れるなど広がっています。

認知症予防には頭と体を同時に使うことが求められます。

けん玉はまさにその頭と体、特に指先を使うスポーツですから向いているのです。

私も子供のころ夢中になって遊んだのは、上手になっていくことが喜びだったのです。

NHK「ためしてガッテン」で、“けん玉 効果”が取り上げられます、ぜひ、ご覧下さい。 

スポンサーリンク


▼関連する記事のページへこんな情報もあります▼

日本のアルツハイマー型認知症の患者は推定100万人と言われています。
認知症は、65才以上の10人に1人は発症する、高齢者に多い病気ですが、最近は18歳~64歳の若年の認知症(アルツハイマー)が増えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク