アロマテラピーが認知症予防に効果的!

女性の横姿.jpg今や生活習慣病とともに国民病とされるのが認知症です。

女性のほうが認知症の発症リスクが高いとされ、若い時期から予防が大切だと思います。


認知症は65歳以上の高齢者の10人に1人という事実があります。


アルツハイマー型認知症では最初に嗅覚機能が低下してしまう事実。

そこで嗅覚神経を刺激するで、記憶を司る脳の中の海馬に良い刺激を与えることができます。



NHKあさイチで放送されました
長年、認知症の研究に取り組まれている鳥取大学の浦上克哉先生にお話しを伺いました。

最新の認知症予防でもっとも注目しているのが「アロマテラピー」です。

脳の神経細胞が壊れて起こる記憶障害の中核症状にも効果的だということが分かりました。

特にアルツハイマー型認知症の患者さんにアロマテラピーの効果が実証されました。

脳に認知症の原因物質が溜まると海馬より先に嗅神経が弱りますが、嗅神経は再生力が高いので、適度な刺激により海馬の機能が回復することができるのです。

スポンサーリンク

アロマ.jpg

アラフォーからの認知症予防が重要
アロマは認知症の改善だけでなく予防にも良いとのことなのです。
健康な人も、50才を過ぎたらアロマを楽しんで認知症を予防するのが良いと思っています。



アロマテラピー関連情報

嗅神経が認知症予防の鍵になる!と、たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学~名医が診断 若返り&長生きできる!3つの悩み解決スペシャルで紹介され注目されております。

「今日もまた眠れないと悩んでいませんか?」

この記事へのコメント

  • Lii

    はじめまして、アルツハイマーにはアロマが効果的なのですね!
    とても参考になりました。私の祖母にもお勧めします☆
    2013年11月27日 09:08
  • たろ

    初めまして
    今日のTVでもやってました。
    具体的なアロマを言ってましたので、追補しますね。
    日中は、ローズマリーとレモン
    夜は、ラベンダーとスイートオレンジ
    だそうです。
    嗅覚神経と海馬を鍛えましょう~。
    では
    (^^)/
    2014年02月26日 00:31

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク