スポンサーリンク

ボケ防止に瞑想をおすすめします


ヨガや禅で行う瞑想といえば、心身をリラックスさせる作用で知られています。
そして、このほど新たなメリットが加わりました。
瞑想が認知症予防や進行を遅らせる効果があるという研究結果がアメリカで発表されました。

認知症の主な原因

長年の貧しい知的生活・精神状態により、脳の神経細胞が減少します。
それにより思考力や記憶力が低下し、認知症になります。
また、アルツハイマー病の原因は、脳の血流低下が主な原因です。

ボケない!脳が若返る“瞑想パワー

NHKの人気番組“ガッテン!”では、世界が注目する「瞑想パワー」が取り上げられます。
ボケを防ぎ、不安やストレスに負けない若々しい脳を取り戻すのが、瞑想などの「呼吸法」。
マインドフルネス瞑想は、ストレス管理に役立つメンタルトレーニングとして米国で普及。
新たな研究で15分の瞑想が認知症を予防し、改善する可能性を示した研究が発表されました。

関連情報


posted by 明朗人 at | 認知症予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク