誤嚥性肺炎!認知症が原因のケースも

女優で歌手の朝丘雪路さんが、アルツハイマー型認知症が原因で亡くなられました。アルツハイマー型認知症は「物忘れ」のイメージが強いですね。 しかし、実際には病気の進行により、死の原因となることもあるようです。アルツハイマー型認知症は、脳に「アミロイドβ」がたまり、やがて神経ネットワークがダメージを受けて発症するのです。アミロイドβがたまり始めてから20年ほどで、軽度認知障害(MCI)になります。 軽度認知障害とはこの段階では軽い物忘れが見られるようになるが、生活には大きな支障はないようです。しかし、適切な打ち手をとらなければ、認知症になる確率が非常に高い状態です。食習慣を見直し、定期的な運動習慣で脳の生理状態を良好に保つことが大切です。いろいろな人とコミュニケーションをとり、頭を使って行動したりするようにしましょう、病気が進むと、体の動きをつかさどる脳領域にまで病変が広がります。ものを飲み込む力もなくなるため、飲食物が気管に入って「 誤嚥(ごえん)性肺炎」で亡くなることが多いと聞きます。日本では、医師が遺族に配慮して、「誤嚥性肺炎」や「老衰」を死因として死亡診断書に記載するケースが多かったようです。 スポンサーリンク 【関連情報】軽度認知障害を早期発見する血液検査株式会社MCBIが開発した「MCIスクリーニング検査」というものです。検査は少量の採血のみで、2~3週間後には結果が出るようです。MCIスクリーニング検査は全国1400以上の医療機関で受けることが可能です。人間ドックのオプションメニュ…

続きを読む

偏食せず何でも食べて認知症に備えましょう!

今までは認知症の予防は難しいとされていました。しかし、最近では認知症リスクは減らすことができると考えられるようになっています。 最新の研究では、「偏食せず何でも食べる人」ほど認知機能低下のリスクが下がるという結果が出ています。 国立長寿医療研究センターが16年に発表した研究結果では、一度の食事でより多い品目を食べている人ほど良いようです。 たとえば、朝食をパンとコーヒーだけで済ませる人より、みそ汁やご飯、漬物、卵焼きなど、品数や使われた食材の種類が多いこと。幅広い食材をいつも取ることを心がけて、認知症を予防しましょう。 【関連情報】ニオイを感じなくなったら認知症に要注意最近の研究で、アルツハイマー病の症状に“ニオイがしなくなる”ことが判明したそうです。 そのため、嗅覚障害の検査をアルツハイマー型認知症の早期発見に利用するといったことも考えられています。 最新の研究で認知症予防に筋トレ効果筋肉を動かすことは、脳の神経伝達をスムーズにします。記憶をつかさどる「海馬」は、65歳を超えると1年で約1%萎縮すると言われます。海馬が萎縮することで記憶の機能が減少してしまうことにつながります。 家族の笑顔、忘れないでいたいから「プラズマローゲン18000」近年の超高齢化社会は深刻な問題として取り上げられています。毎日大変なのに、親のお世話までとなるととても手が回りませんよね。 スポンサーリンク

続きを読む

ゴルフで記憶力が改善!認知症予防にお勧め

人生100歳時代といわれますが、最も大切なのは元気に生活できることですね。各メディアでは、健康寿命を延ばすための様々な情報が伝わっています。 しかし、そのための大きな阻害要因となっているのが“認知症”の発症です。認知症の予防のために、私のお勧めは「ゴルフ」です。健康維持のために、個人が趣味として続けられる「ゴルフ」を選びました。 ゴルフによる認知症の予防認知症の危険因子は、体を使わないことと頭を使わないことを指摘しています。運動不足はアルツハイマー発症の1番の危険因子です。 国立長寿医療研究センターなどが実施したゴルフによる認知症の予防効果について。高齢者の記憶力が改善し、体力など心身に良い影響があった結果が公表されました。 ゴルフは打数の計算などで頭も使います。また、仲間とプレーをすることで認知症予防に効果がある社交になると解説しています。 日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長は、高齢者のゴルフ人口を増やしていきたいとの考えを示されました。 スポンサーリンク 【関連情報】 >>都内で唯一の初心者専用ゴルフスクール <<定額制でどこよりもリーズナブルに通えるゴルフスクール『サンクチュアリ』!都内で唯一の初心者専用ゴルフスクール。全店舗とも駅から3分以内。レンタルもすべて無料で、手ぶらでゴルフレッスンが受けられます。まずは体験レッスンからその魅力を感じにお越し頂きたく思います!

続きを読む

イチョウ葉エキスが認知症予防に関係あり

認知症予防の中でも特に関心が寄せられているのが「食事」ですね。多くのメディアで様々な食品や栄養素が取り上げられています。しかし、どんなものを摂ったらよいのか、戸惑っている方も多いのではないでしょうか。今回は、認知症予防の栄養について専門家がすすめる「イチョウ葉エキス」についてまとめてみました。 スポンサーリンクイチョウ葉エキスの効果イチョウは私たちの身近にある植物ですが、その葉から抽出されたエキスが物忘れや認知機能の低下に対するサプリメントに使用されているのを見かけます。 イチョウ葉エキスは臨床試験の結果、「脳の血流を改善し、認知機能の一部(記憶力の精度)や判断の正確さを向上させる」ことが報告されています。 ■年を重ねて記憶力に自信がなくなってきた方〇ものを取りに来たはずなのに、何を取りに来たか物忘れが多くなった〇人の名前や芸能人の名前が出づらくなった〇会話に「あれ」や「それ」が多くなった 人生100年時代ともいわれる中で、年齢を重ねるごとに記憶力に自信がなくなり、不安を持つ方が増えています。 ■昔に比べて、勉強したことが頭に入ってこないとお悩みの方〇若いころに比べて物覚えが悪くなった〇英語を勉強したいけど、単語が頭に入ってこない〇試験があるけど、ちゃんと覚えて思い出せるか心配 大人になっても語学に、資格試験など勉強をすることは多いはず。しかし若い時に比べて、「物覚えが悪くなった」と感じることが増えていませんか?そこで、毎日の習慣として、おすすめしたい「オボエール」をご紹介します。脳の…

続きを読む

「睡眠負債」は認知症のリスクを高める

皆さんは、「睡眠負債」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?一時的な睡眠不足ではなく、慢性的な睡眠不足のことを言います。簡単に言うと“寝不足の蓄積”で、睡眠の借金だと思います。 最新研究で、生活習慣病のリスクが上がる可能性が明らかになっています。また、認知症に大きく関係していることが研究でわかってきました。睡眠時間が7時間未満だと、認知症のリスクが1.7倍になるというデータもあります。 この「睡眠負債」は自分では気づけないところがあるようです。1日6時間程度の睡眠なので、自分では問題はないと思っている人でも、実はわずかに睡眠が足りておらず、その影響が負債のように蓄積することがわかってきました。睡眠負債を返済するには十分な睡眠をとることが指摘されています。統計的に1日7~8時間の睡眠をとっている人は、最も寿命が長いといわれています。 スポンサーリンク ただ、日本人は先進国26カ国で下から2番目に睡眠が短いようです。そこで解決策として提案されているのが、昼寝をすることのようです。昼寝は蓄積した睡眠負債も解消できますし、仕事のパフォーマンスも向上します。>昼寝はアルツハイマー病の予防効果も<

続きを読む

スポンサーリンク