コーヒーを飲んで認知症を予防する驚きの効果

コーヒーに含まれるカフェインが認知症やアルツハイマー病を予防すると言われてます。コーヒーには炎症を抑える働きがあり、アルツハイマーとは脳の神経が少しずつ壊れる病気です。それは脳が萎縮し、記憶力に弊害が出てしまいます。■スポンサーリンク■コーヒーに含まれるポリフェノールが、身体のサビから守ってくれる働きがあるのです。ポルトガルで実施された研究によると、適度なコーヒー(1日3~5杯)を飲むと、アルツ…

続きを読む

最新情報!筋トレが認知症予防に有効とは

最新の研究で「筋トレ」は認知症を予防する効果が明らかになってきました。NHK番組「あしたも晴れ!人生レシピ」で詳しく放送されました。筋肉作りに必要な食材や食べるタイミングなども紹介されています。 ■スポンサーリンク■■筋トレと認知症予防の関係筋肉を動かすことは、脳の神経伝達をスムーズにします。記憶をつかさどる「海馬」は、65歳以上では1年で約1%萎縮すると言われます。海馬が萎縮することは、記憶…

続きを読む

30分以内の昼寝!アルツハイマーから脳を救う

昼寝はアルツハイマー病の発症リスクが低下すると学会で発表しています。1日30分以内の昼寝は、昼寝の習慣のない人の「5分の1」に低下する。 また、短時間の昼寝は精神的、肉体的ストレスを和らげる効果があります。30分以上の昼寝は、逆にアルツハイマーのリスクを高めてしまう恐れあり。 スポンサーリンク 正しい昼寝の方法 ①部屋の電気をつけて明るいまま眠る②目覚まし時計をセットして眠る③横…

続きを読む

適度なコーヒーはアルツハイマー病の発症リスクを65%も下がる

「コーヒーは体に良いのか悪いのか?」と様々な研究結果が報告されています。その中、いくつかの研究からは驚きの健康効果があると指摘されています。 コーヒーは眠気を覚ましてくれるだけでなく、アルツハイマー予防として良いと言われてます。1日3~5杯のコーヒーを飲むと、アルツハイマーの疾患リスクが65%も下がるという研究結果が報告されています。 スポンサーリンク アルツハイマーとは脳が萎縮し…

続きを読む

スポンサーリンク