30分以内の昼寝!アルツハイマーから脳を救う

昼寝はアルツハイマー病の発症リスクが低下すると学会で発表しています。1日30分以内の昼寝は、昼寝の習慣のない人の「5分の1」に低下する。 また、短時間の昼寝は精神的、肉体的ストレスを和らげる効果があります。30分以上の昼寝は、逆にアルツハイマーのリスクを高めてしまう恐れあり。 スポンサーリンク 正しい昼寝の方法 ①部屋の電気をつけて明るいまま眠る②目覚まし時計をセットして眠る③横…

続きを読む

適度なコーヒーはアルツハイマー病の発症リスクを65%も下がる

「コーヒーは体に良いのか悪いのか?」と様々な研究結果が報告されています。その中、いくつかの研究からは驚きの健康効果があると指摘されています。 コーヒーは眠気を覚ましてくれるだけでなく、アルツハイマー予防として良いと言われてます。1日3~5杯のコーヒーを飲むと、アルツハイマーの疾患リスクが65%も下がるという研究結果が報告されています。 スポンサーリンク アルツハイマーとは脳が萎縮し…

続きを読む

誤嚥性肺炎!認知症が原因のケースも

女優で歌手の朝丘雪路さんが、アルツハイマー型認知症が原因で亡くなられました。アルツハイマー型認知症は「物忘れ」のイメージが強いですね。 しかし、実際には病気の進行により、死の原因となることもあるようです。アルツハイマー型認知症は、脳に「アミロイドβ」がたまり、やがて神経ネットワークがダメージを受けて発症するのです。アミロイドβがたまり始めてから20年ほどで、軽度認知障害(MCI)になります。 …

続きを読む

偏食せず何でも食べて認知症に備えましょう!

今までは認知症の予防は難しいとされていました。しかし、最近では認知症リスクは減らすことができると考えられるようになっています。 最新の研究では、「偏食せず何でも食べる人」ほど認知機能低下のリスクが下がるという結果が出ています。 国立長寿医療研究センターが16年に発表した研究結果では、一度の食事でより多い品目を食べている人ほど良いようです。 たとえば、朝食をパンとコーヒーだけで済ませる人より、…

続きを読む

スポンサーリンク